「皇位継承問題、国民的議論を」日本の尊厳と国益を護る会代表幹事青山繁晴参議院議員

Japan In-depth / 2019年11月20日 23時0分

「皇位継承問題、国民的議論を」日本の尊厳と国益を護る会代表幹事青山繁晴参議院議員


細川珠生(政治ジャーナリスト)


「細川珠緒モーニングトーク」2019年11月16日放送


Japan In-depth 編集部(坪井恵莉)


【まとめ】


・男系男子を継続する最大の理由は「父系を辿れば神武天皇まで遡ることができる」こと。


・皇位継承問題についての知識を国民に周知させることが大事。


・提言はあくまで選択肢。最終的な判断は国民が行う。


 


今回は参議院議員で自民党有志による「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」代表幹事の青山繁晴氏をゲストに招いた。「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」は10月23日に「皇位継承の安定への提言」を発表した。提言の狙いと皇位継承問題に対する青山氏の見解を政治ジャーナリストの細川珠生が話を聞いた。


青山氏らが発表した提言には男系男子の皇位継承が挙げられている。細川氏はまず、男系男子を継続する最も重要な理由について尋ねた。


青山氏は「男系ではなく、父系と呼ぶべきだと提言にも盛り込んでいる」と前置きしたうえで、「父系を辿れば神武天皇まで遡ることができる」のに対して「母系だと辿ることが物理的にできない 」ことが唯一の理由だと述べた。


日本の天皇については、神話である仁徳天皇の「民の竈(かまど)」の故事に代表されるように「(天皇の)私利私欲ではなく、人のために祈る祀(まつ)り主」であるという認識を青山氏は示した。そして、「祀り主というお家がその仕事を続けていくならば続けやすいけれども、お家が変わってしまうと、当然お仕事も変わってしまう。祀り主という日本にしかない、人のために祈るという存在を守りたい。」と述べた。


また、青山氏は今回の提言について、「世界にはない日本の古き良きものをこれからも先人と一緒に、みんなと一緒に守る」という生き方を1つの選択肢として国民に示すことに主眼があるという考えを明らかにした。


近年の世論調査によって、国民の8割近くが女性天皇に賛成し、6割以上が女系天皇に賛成していることが明らかになっている。しかし、女系天皇の意味を理解していないまま回答している国民も多いのが現実だ。細川氏は女性天皇と女系天皇の違いが理解できなけでば、今回の問題の本質を見いだせないと指摘した上で、こうした事実をどのように国民に周知させるのか、具体的な方法を聞いた。


青山氏は、自民党が党として皇位継承問題について問題提起をしないことの解消を図り、「『日本の国益と尊厳を護る会』は自由民主党がタブーにしてきたことを、 タブーを破って国民にまず定義していく」ことが目的だとした。ここでの議論を踏まえて、まずは自民党として一つの案を提示することを目指していく。そのうえで細川氏は、もし他党から異なる案が提示されれば、それと合わせて議論をし、最終的な決断を国民が行う流れになるだろうと指摘した。そして、「それまでの間に国民は案をきちんと見比べて理解をする努力を日本国民としてしていくことが必要」であり、この過程の最初のステップとして自民党の中での案を提言したと述べた。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング