【エンタがビタミン♪】高橋真麻、食あたりするも現在の体重は54キロ。“もっと痩せたい”乙女心。

TechinsightJapan / 2014年12月11日 18時55分

写真

先日ネットニュースで“台湾で食あたり?げっそり”と報じられた、元フジテレビアナウンサーの高橋真麻。ブログには彼女の体調を心配するファンからの声が届けられていたが、12月10日には「元気です!」と復活宣言。その日は深夜にもかかわらず、大量の韓国料理を平らげたようである。

彼女は1泊の予定で台湾を訪れ、12月9日のブログ『高橋真麻オフィシャルブログ「マーサ!マーサ!タカハシマーサ!」』で「小籠包、たくさん食べました」とご機嫌な様子だった。だが次に更新されたブログでは“空港で戻して大変だった”と、食あたりではないか―と綴られている。掲載されている目のむくみとクマが目立つ写真が、食あたりの辛さを物語っているのだ。

だが今の時期は年末年始の特番でテレビ業界は一番忙しい時期。ゆっくり休養をとる暇も無く、翌日から深夜まで仕事をしていた高橋。ブログによるといつものように一人でお店に入り、鍋やチヂミなど大量の韓国料理を食したらしい。食あたりでまだ目のむくみが残っている中、22時過ぎにこの量を食べられるとは「元気になった」と喜ぶべきか…。コメント欄で「病み上がりに、大丈夫ですか?」と心配されるのも、無理はない。

また“最近、太っちゃって”と、現在体重が「54キロ」だとハッキリ公表するのも彼女らしい。ネット上の情報だと高橋の身長は162センチ、この数字が正しければ一般人だと標準体重だが、芸能界で仕事をする女性にしては太っているのだろうか。ブログによると彼女の理想体重は、50キロだということだ。

ただテレビに映る高橋は、とても54キロには見えない。彼女は体にフィットしたワンピースをよく着ているので、女性の目からすると、ちょっと信じられない体重である。ブログにも「全然、太っていない」「54キロって、どこについてるんだろう?」と、驚きの声が入っている。問題は高橋が最も嘆いている二の腕のたるみだが、これは痩せるだけでは解決が難しそうだ。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング