【イタすぎるセレブ達】デヴィッド・ベッカム、15歳長男に特殊部隊元兵士のボディガード。

TechinsightJapan / 2014年12月28日 15時25分

写真

大変な子煩悩パパで知られるデヴィッド・ベッカムが、15歳の長男について特別なセキュリティスタッフを雇い身を守る必要があると判断。特殊部隊にいた元兵士を採用したことが伝えられている。

元イングランド代表デヴィッド・ベッカム(39)については、現役時代と変わらず今でも多数の報道を目にする。妻のヴィクトリア(40)と3男1女に恵まれた家庭生活についてプライバシーも多々暴露されている中、先月にはベッカムが長男ブルックリン君(15)を乗せた車で交通事故に遭ったことや、この少年がロンドン北部のサッカーチーム「アーセナルFC」とプロ契約といったニュースが次々と報じられた。

特に「アーセナルFC」の一件で大変な注目を浴びることになってしまったブルックリン君について、このほど特別なセキュリティスタッフが雇われたことを英メディア『dailystar.co.uk』が伝えている。現在そのユースチームでプレーしているブルックリン君だが、練習や試合に父デヴィッドが現れることは多く、その見学についても今後は「招待された者のみ、未成年の場合は保護者同伴が必要」と改めることになったそうだ。

父デヴィッドの要望で、ボディガードには特殊部隊にいた元兵士を採用。チームのコーチやスタッフに扮したスタイルでブルックリン君が練習中にはベンチに座り、練習場の往復ほか移動においては彼のそばで行動することになるという。 “ベッカム”の響きが持つ魅力を十分に承知しているチームとしても、セキュリティの強化をはじめ今はこの親子の要求はどんなことでも呑むはずだ。スーパースターの家庭に生まれたことは極めて幸運な人生だが、面倒で不自由なこともたくさん付随するものである。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング