【エンタがビタミン♪】加藤浩次と松嶋尚美が、解散したWコロンについて言及。「コンビには色々な形がある」「ひとりになった時に気付くことも」

TechinsightJapan / 2015年4月3日 19時45分

写真

4月2日から情報番組『スッキリ!!』の新・木曜コメンテーターとして登場した、お笑いタレントの松嶋尚美。3月31日付で解散したお笑いコンビ・Wコロンについての発言に注目が集まったが、彼女もそして司会の加藤浩次も「残念ですね」との無難の言葉で締め括っていた。

1993年に松嶋尚美が中島知子と結成したオセロは、“美人お笑いコンビ”としてあっという間に大人気となった。だが2007年頃から2人の“不仲説”がたびたび流れるようになり、2011年4月以降コンビ活動を休止、2013年4月でコンビ解消が正式に発表された。現在の松嶋は一男一女の母親であり、レギュラーを多数抱える売れっ子“ママタレント”である。

2004年に結成されたWコロンは、「ととのいました!」のフレーズで一世を風靡した漫才コンビ。2010年の新語・流行語大賞のトップ10にも入ったが、数年前からからコンビ仲の悪さは有名で近頃は“不仲芸人”として番組にも出演していた。そして今年の4月1日所属事務所公式サイトで3月31日付でコンビを解散したことが発表された。

『スッキリ!!』(日本テレビ系)で司会の加藤浩次は「松嶋さん、コンビって色々な形がありますからね」と、Wコロンの解散についてのコメントを求めた。すると「良いことも多かったんじゃないですか? 嫌なことも2人の責任だし、良いことも倍に喜べる」と話しながら、解散を前向きに捉えて欲しい旨のアドバイスをしている。

加藤からは、「ひとりになった時、ふたりの大事さって気付くことがありますからね」と重みのある一言。これに松嶋も「あります、あります」と強く同意。加藤の相方が不祥事で所属事務所から契約解除されても、今もプロフィールは“極楽とんぼ”の看板を外さないままなのは、加藤自身の意向であろうことは想像できる。解散を発表するコンビは珍しくは無いが、加藤にはやはり思うところがあるのだろう。最後に「残念ですね」と加藤も松嶋も言葉にしていたが、そこに込められている感情は同じでは無かったのではないだろうか。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング