【エンタがビタミン♪】岡田圭右、新ネタは五郎丸もスベる。

TechinsightJapan / 2015年10月21日 14時15分

写真

21日、都内にてワコール『UNDER WEAR BY CW-X presents「仕事アスリート」アワード授賞式』が開催され、芸能界No1“仕事アスリート”男性部門に岡田圭右(ますだおかだ)、女性部門では豊田エリーが受賞、トロフィーが授与された。岡田の一発ギャグ“ワォ”の消費カロリーが判明したものの、「やってもやらなくても同じ」と豊田の鋭いツッコミに「心のお笑いカロリーは消費している!」と声を張り上げた。

イチロー選手や田中将大投手にも愛用されるスポーツウェア『CW-X』。着用した岡田圭右は、「体の軸が伸びてブレない。芸はブレブレですが」と自虐ネタでツッコむ。また今回の受賞を「10年前のM-1チャンピン以来。嬉しい限り。プロフィールの一番上に書きたい」と喜んだ。

一方で豊田エリーも「小学校のマラソン大会2位の受賞以来」だと明かし、「仕事や育児で認めてもらえて嬉しい」と満面の笑みを見せた。豊田エリーの1日の消費カロリーは2,120キロカロリーと測定され、4時間分のマラソンに相当するという。「子供と遊ぶのが大変。一日娘と遊ぶと2キロ痩せる子供DIET」なるものが友達の間で流行っていると明かす。



岡田のギャグである“ワォ”について消費カロリーを問うクイズで、生“ワォ”を披露した岡田。最近“ワォ”を叫ぶと「目の前に銀色の星がチラつく」と言う。「ジェット機、電車の効果音」とたとえられるほど大きな声で叫ぶ彼のギャグだが、一生懸命叫んでも“ワォ”は0.05キロカロリーにしかならないことが判明した。豊田の「やってもやらなくても」という厳しいツッコミに、「目に見えていない精神的なカロリーを消費している」と“ワォ”を上回る声で訴えた。



“ワォ”以外の新ギャグを岡田に求めた報道陣に対して「ギャグは作れない。EXILEで言ったらパフォーマーですから!」と開き直った岡田は、新ネタ“五郎丸”を披露するもすべってしまう。そこへスタッフの「そろそろお時間よろしいですか」の一声でその場は大爆笑となった。助けてもらうかたちとなった岡田は「笑いのカラータイムが鳴りっぱなし。いいタイミングで助けてくれてありがとう」と頭を下げた。「行き当たりばったり、他人任せ、ハプニング、笑いの神様任せ」と語った岡田の言葉に嘘はなかった。
(TechinsightJapan編集部 うめ智子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング