【エンタがビタミン♪】つるの剛士が投稿した“愛犬・アグオ先生と女の子”がまるでアニメの名場面。

TechinsightJapan / 2015年10月27日 16時59分

写真

つるの剛士が、“アグオ先生”と呼ぶ愛犬と女の子が海辺でまどろむ姿をInstagramに投稿。「天に召されてないよ。寝てるんだよ」と解説したところ、のどかな感じに「シアワセそうです、可愛すぎます」「仲良しですね。なんだか、ドラマのワンシーンのよう…」とフォロワーも癒されていた。ただ、ドラマというよりはアニメで見たことがあるようなシーンではないか。

“アグオ先生”はつるの剛士が飼うサモエド犬で、名前は“アグ”なのだが飼い主からはそう呼ばれている。つるのが10月25日に『つるの剛士 takeshi__tsuruno Instagram』で「フランなんたら…の犬の最終回みたいになった」とその1枚を公開した。彼がサーフィンをしているうちに待ちくたびれたアグがうたたねをしてしまったところ、フワフワで気持ち良さそうだったのだろう、娘さんの友だちが抱きしめるように寄り添った場面らしい。

シチュエーションこそ違うが、アニメ『フランダースの犬』最終回の名場面のような構図に「子供の頃、してみたかったこと。いいなぁ~」「いや、でも天使が見えますよ、ほら、よく見て!」といったコメントが寄せられた。「ホントに、すっごいステキなワンシーンです」「きゅんきゅんきゅん。何度見てもいい写真」とアニメ以上に感激した人もいるほどだ。

ちなみに“アグオ先生”という語感から「アグオくん」と思われがちだが、女の子であるそうだ。

※画像は『つるの剛士 takeshi__tsuruno Instagram』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング