【エンタがビタミン♪】ふかわりょう、“羊飼い”の夢をブラマヨ・吉田にぶった斬られ涙目に。

TechinsightJapan / 2015年11月10日 13時28分

写真

「理想はいつかそこ(アイスランド)に住んで、羊たちと一緒に朝日や夕日をながめ、ただぼーっとしていたい」とブログに綴るタレント・ふかわりょう。彼の夢は、老後を“羊飼い”として暮らすことである。実際にふかわは、まとまった休みがあれば毎年のようにアイスランドに渡り“羊飼い”として生活していくための下調べや準備に時間を割いているのだ。

羊飼いという職業は日本ではあまり馴染みがないが、世界的に見れば最も古い職業の一つである。自然に囲まれた壮大な土地でたくさんの羊たちと一緒に暮らすことを夢見るふかわりょうは、このような生活を共に歩む伴侶が見つからなくても1人でアイスランドへ移住し、羊飼いになりたいそうだ。

11月7日深夜放送の『ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!』(テレビ朝日系)で羊飼いに対する憧れをとうとうと述べるふかわの話に、真剣に耳を傾けていたのが吉田敬(ブラックマヨネーズ)であった。

羊飼いの仕事といえば牧羊犬と一緒に羊の群れを誘導したり、肉食動物などの外敵から保護することが頭に浮かぶ。しかしふかわによると、転倒して仰向けになった羊を助けることも大事な仕事だという。体は大きいのに足が華奢な羊は、仰向けにひっくり返ってしまうと自力では起き上がれず、そのうちにのどが締まり窒息死してしまうらしい。ふかわはこの事実を知ってから、より一層羊たちを愛おしく思い、目を凝らして羊の群れを見るようになったそうだ。「最終的にはそういう羊たちと暮らしていたいな」と話す彼は、まるで夢を語る子どものような表情だ。

最近は女性の噂もないふかわだが、彼は「ヘタすると、このまま(独身で)行っちゃうパターン」と話す。結婚願望はすでに消え失せ、心はアイスランドの羊のもとにあるようだ。すると吉田が「もしもふかわさんがひっくり返ったら、これを助けるのは誰なんですか?」「今までたくさん羊ひっくり返して来たけど、誰も俺のこと起こしてくれへん―って」と畳み掛けてきたのだ。この言葉に驚いたように目を見開き、絶句するふかわ。しばらくしても言葉が出てこないばかりか、目が涙で滲んでいる。吉田の質問は彼の胸を撃ち抜き、何かの扉を開いたのだという。異国の地で人生を独り終える覚悟を、思わぬ人物から突きつけられたのか。

※画像はイメージです。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング