【エンタがビタミン♪】軟式globeとアプガが記念写真。パーク・マンサーがまるで保護者のよう。

TechinsightJapan / 2015年11月9日 18時40分

写真

軟式globe。'15とアイドルグループ・アップアップガールズ(仮)の集合写真を週末KOIKEがInstagramで公開した。年齢差が最大で20歳近く離れていることもあり、中央で写るパーク・マンサーの貫禄がまるで保護者のようだ。

11月6日から8日まで東京体育館で開催された『MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2015 in TOKYO』で7日のNIPPON STAGEに“アプガ”ことアップアップガールズ(仮)が、MATSURI STAGEに軟式globe。'15が出演した。

軟式globe。'15の二代目ボーカル・週末KOIKE(神田麻衣)が『神田麻衣(かんだま)kandama421 Instagram』に会場でアプガと撮った1枚を投稿。「わかいーぴちぴち。ありがとうございました!!」と感激を伝えている。

週末KOIKEとアプガの最年少メンバー新井愛瞳は17歳ほど、パーク・マンサーと新井は19歳ほど離れており、お兄さんというよりはお父さんのような貫禄さえ感じる。

また、アプガメンバーも『佐藤綾乃☆アップアップガールズ(仮)ayano152 Instagram』で同じ1枚を公開して「学校へ行こう!ずっと見てたから嬉しい!」というから、小中学生頃にテレビでパーク・マンサーを見ていたらしい。

バラエティ番組『学校へ行こう!』の“B-RAP HIGH SCHOOL”からずいぶん経ったが、パーク・マンサーは週末KOIKEと自転車に乗って“恋仲ごっこ”を楽しんだりと、まだまだ心は青春時代のようだ。

※画像は『神田麻衣(かんだま)kandama421 Instagram』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング