【エンタがビタミン♪】マツコが愛する斉田気象予報士の“日傘男子のススメ”

TechinsightJapan / 2016年8月7日 17時38分

写真

マツコ・デラックスが愛してやまない斉田季実治気象予報士が、熱中症対策として“日傘男子”を推奨している。最初に自分が日傘を使用することから始め、自身のツイッターや気象ニュースで「男性も日傘を!」と訴えていきたいという。

環境省が平成23年に発表した「ヒートアイランド現象に対する適応策の効果の試算結果」の中でも、“熱ストレスの観点からは、男女問わず日傘を活用することが望ましい”と記されている。それから5年経った今でもその数は増えているとは聞くが、街中で日傘を使用しているビジネスマンは僅かだ。前述の環境省の試算結果では日傘は人工的に日陰を作ることができるので、約20%の熱ストレスを軽減することができるという。夏の熱中症は、主に環境から来る“熱ストレス”に身体が対応できなくなって起こると言われており、暑さ問題が深刻な都市部で働く男性にもぜひ日傘をさして欲しいのだ。

そこで『ニュースウオッチ9』で気象予報を担当している斉田季実治気象予報士が8月5日のツイッターで、あまりにも暑いので「日傘男子、始めました」「男性に日傘を広める活動を始めます!」と宣言。その日の夜の同番組で気象予報コーナーの最後に「外出は日傘をさすなど男性も熱中症対策が必要です」と話しながら、ボーダー柄の傘を開いていたのだ。

デパートや通信販売でも「メンズ向け日傘」の扱いは多くなっている。熱中症は年代に関係なく発症するので、水分補給と共に男性も日傘を使用して8月の猛暑も乗り切っていきたいものだ。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング