【エンタがビタミン♪】滝沢カレンの“ぶっ飛び感覚”にムロツヨシがずたずた ダウンタウンもついて行けず

TechinsightJapan / 2016年8月13日 15時30分

写真

モデルの滝沢カレンがバラエティ番組『ダウンタウンなう』に出演した。この日は俳優のムロツヨシ、お笑いコンビ・メイプル超合金、女優で元アイドルの武田久美子たちとそれぞれトークを繰り広げるなか、同行した滝沢カレンが話す場面はあまりない。にもかかわらず独特なセンスから出る言葉はダウンタウンも呆れて笑うしかないほどの破壊力があった。

8月12日、フジテレビ系で放送された『ダウンタウンなう』の“本音でハシゴ in 中野”にてムロツヨシが待つ1軒目に行く道中で早くも彼女が本領を発揮する。進行役の坂上忍に彼氏はいるのかと問われて滝沢カレンが「いないの」と返すと、「何人(なにじん)が良いの?」と松本人志が追及する。すると彼女は「ハーフや外国人はダメ」と答え、その理由を「マンモスみたいになっちゃう」「一緒に歩いているとマンモス一族って思われる」からというのだ。「マンモス?」と理解しかねた松本は「えーと、これ時間かかるな~」と天を仰いだ。さらに彼女が「足が速い人が好き」と重ねてきたのでダウンタウンの2人も苦笑するばかり、辛うじて「言うとくけどマンモスも意外と足が速いからな」と口にする松本だった。

1軒目で合流したゲストのムロツヨシはダウンタウンや坂上忍による怒涛のトークに必死に食らいつき存在感を示す。ただ、トークを終えても不安そうな彼に松本が「でも十分に撮れ高すごい高かったですよ」と冷静に感想を伝える。ホッとしたムロツヨシだったが、坂上が滝沢に「どうだった? ムロツヨシさん?」とコメントを求めたところ、飲んでいたモヒートを置きながら「私、初めて見たのでっ」と平然と口にした。隣に座っていたムロツヨシは目を丸くして「先に言ってよ! バカじゃん俺! 最近売れてきたみたいな空気でしゃべってさ」とショックを隠せなかった。彼女は前日の打ち合わせでムロツヨシの名を知り、Wikipediaで下調べをしてこの日、本当に初めて見たそうだ。

3軒目では写真集の“貝殻ビキニ”が伝説となっている元アイドルの武田久美子と合流、48歳とは思えぬその魅力に同世代の坂上忍が「エロい、本当にエロい」と感心して「しゃべり方や声もそうだし、人の見かたとかエロいよね?」と滝沢に振ったところ彼女も「エロいです、絶対っ」と共感していた。武田久美子とも初対面だろうが堂々としたものである。

今年の1月にアメリカ人の夫と離婚が成立した武田久美子、今は娘を学校とレッスンに送り迎えする日々で新しい彼氏を作る機会がないという。その話題から浜田雅功が「カレンはどんな人がいいの?」と振ると「芸能人は嫌」「面白くて足が速くて」と同じことを言い出す。足が速いのは絶対条件で「新幹線やロマンスカーに乗り遅れて欲しくない」というのが理由だ。松本から「早めに出れば乗り遅れないやろう」と突っ込まれても「ギリギリまでお弁当とか買っていたいので」とこだわりを見せた。

そんな滝沢カレンだが、ムロツヨシにさりげなく鍋をよそうなど普段の行動は実にスマートである。5月4日に放送されたバラエティ番組『モシモノふたり~タレントが“おためし同居生活”してみました~』(フジテレビ系)で井戸田潤(スピードワゴン)と2泊3日の同居生活した時も、家庭料理の腕が評判となった。おかしな日本語や言葉のセンスで“不思議ちゃん”的なところもありながらそのギャップが魅力と言えそうだ。

出典:https://www.instagram.com/takizawakarenofficial
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング