【エンタがビタミン♪】加藤紗里 “カープ女子”から“ハーレイ・クイン”へ 結構似合っている?

TechinsightJapan / 2016年10月30日 18時6分

写真

最近は“にわかカープ女子”疑惑がかけられ、テレビ番組で“にわか”を否定したタレントの加藤紗里。何かと旬の話題に絡んで登場する彼女だが、今回はハロウィンウィークということでコスプレ姿を披露した。映画『スーサイド・スクワッド』に登場するヒロイン「ハーレイ・クイン」である。

加藤紗里がハーレイ・クインのコスプレを披露したのは10月28日、都内にあるクラブで行われたハロウィンイベントでのことだ。この日DJを務めたマーク・パンサーのブログによると、ゲストで招かれた加藤は“エアーDJ”デビューも果たしたそうだ。

30日の『加藤紗里 katosari Instagram』ではこのハーレイ・クインのコスプレ姿を公開し、彼女は「謝れとか言われるから先に謝っとく」とコメントしている。確かに全身写真では彼女の足の細さが際立ち、「こんなガリガリひょろひょろじゃない」というフォロワーからの指摘は仕方がないのかもしれない。だがバストショットでは「とても似合ってます」「いや、可愛いーっ」「似合ってるでぇ」と評判は悪く無い。

今年のハロウィンは、ハーレイ・クインに扮する芸能人が多い。VAMPSのボーカル・HYDEやモデルのローラは大きな話題になったが、その他にもAKB48の小嶋陽菜、モデルのダレノガレ明美、グラビアタレントの森下悠里、そして鈴木紗理奈はライブでハーレイ・クインのコスプレを披露している。通販サイトにも手頃な価格で様々なサイズの衣装が出回っており、一般女性の間でも人気が高いハロウィン・コスプレのようだ。

出典:https://www.instagram.com/katosari
(TechinsightJapan編集部 みやび)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング