【エンタがビタミン♪】小室哲哉、バナナマンと笑顔ショット 番組共演で『Get Wild』さらに広がる

TechinsightJapan / 2017年4月9日 19時36分

写真

TM NETWORKの代表曲『Get Wild』発表30年目となる記念すべき4月8日、NHK総合で放送されたバラエティ番組『バナナ♪ゼロミュージック』に小室哲哉が出演した。“100%小室哲哉スペシャル”と題して彼をフィーチャー、NHKならではの紅白にまつわる貴重映像クイズやジャズピアニストH ZETT Mのアレンジクイズ、はいだしょうこのお絵かきクイズなど多彩な企画で盛り上がる。さらに小室ファンの日村勇紀が『Get Wild』をパフォーマンスする場面もあった。

小室哲哉は放送前の7日、『Tetsuya Komuro(Tetsuya_Komuro)ツイッター』にてファンによる「NHKニュースまで来るとなんか感無量ですわ」というつぶやきをRT、「なんか、フリキレたね~」「収録だけど、NHK、バナナゼロ、冷静に観てみようかな」とコメントした。TM NETWORKが4月5日に発売した4枚組アルバム『GET WILD SONG MAFIA』は30周年にふさわしく36曲全て『Get Wild』という企画で注目されている。ただ数々の別バージョンをはじめ、カバーやリミックスからなる内容のはずが発売後に“同じ音源”が重複して収録されていることが分かった。それがNHKニュースでも報じられたのだ。

バナナマンと収録を終えて笑顔でスリーショットに収まる際には、まさかそんな事態が起きるとは思いも寄らなかっただろう。その後、ニュースでも報道されるなか「冷静に観てみようかな」という小室哲哉だが、バナナマン日村の『Get Wild』に救われたのではないか。

2013年11月にYouTubeで公開された『TM NETWORK / Get Wild(TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-)』の映像には、今回の『バナナ♪ゼロミュージック』を見て視聴したというコメントが複数見受けられる。「良い曲ですね!! シンセサイザーが大好きなので聴いた瞬間好きになりました」というケースもあり、まだまだ『Get Wild』ファンは増え続けそうである。



出典:https://twitter.com/Tetsuya_Komuro
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング