【エンタがビタミン♪】バイきんぐ西村の“ドアノブ男” キモンスターにスピンオフドラマ期待する声

TechinsightJapan / 2017年8月13日 20時0分

写真

バラエティ番組『ゴッドタン ~The God Tongue 神の舌~』(テレビ東京系)の企画“キモンスターズ・チャンプ”が8月12日深夜の放送で久々に復活した。佐久間宣行プロデューサーが翌日『佐久間宣行 nobrock1 Instagram』で「2年ぶりのキモンスター。我らが西村くんのドアノブ男です」と舞台裏での姿を公開して反響を呼んでいる。

これまで「日村キモンスター」(バナナマン・日村勇紀)をはじめ「春日キモンスター」(オードリー・春日俊彰)、「小木キモンスター」(おぎやはぎ・小木博明)など数々のキモい扮装をした“キモンスター”を生み出してきた企画がパワーアップして戻ってきた。

「西村キモンスター」(バイきんぐ・西村瑞樹)は全身をドアノブっぽい銀色に塗り、各所にドアノブをつけた“ドアノブ男”だ。そのオフショットに「破壊力、半端なかったです」「すごい迫力!」「キモンスターの新境地!」とコメントがあり「ドアノブ男はドラマにできそう」と期待する声もあった。

野性爆弾の川島邦裕(くっきー)も『野性爆弾 nikuguso_taro Instagram』にて「くっきーキモンスター」姿を披露しているが、彼ならではの迫真の扮装にフォロワーも「出てきたら、本気でこわい」「ホラーや~~」「放送事故」と引き気味である。もしスピンオフドラマにするならばやはり“ドアノブ男”が良さそうだ。

画像は『佐久間宣行 2017年8月13日付Instagram「2年ぶりのキモンスター。我らが西村くんのドアノブ男です。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング