【エンタがビタミン♪】ヒカキン、西日本豪雨募金に100万円寄付を実演 YouTubeで支援呼びかけ

TechinsightJapan / 2018年7月11日 14時15分

写真

西日本豪雨が甚大な被害を西日本を中心にもたらしている。11日現在、13府県で死者161人、心肺停止1人、行方不明者は71人。断水などライフラインが絶たれ、交通網が寸断されたり、避難生活を強いられている人々もまだまだいる中、午前中には安倍晋三首相が岡山県を視察した。平成で未曾有の被害をもたらした西日本豪雨に、人気YouTuberのヒカキンが立ち上がった。スマートフォンから募金に寄付する様子をYouTubeで公開し、寄付を呼びかけている。

『【拡散希望】ヒカキンと一緒に西日本豪雨の被災地に募金しませんか?』と題した動画で、「連日テレビのニュースやネットでも報じられていますが、西日本豪雨の被害が今大変なことになっています」と切り出したヒカキンは、「この数日僕も何か力になれないものか考えていました」と言い、そして思案した結果として「今のこの現実を拡散して今のこの現状を知っていただきたい」と動画を制作した意図を明かす。続けて「すでにネットの方で簡単に募金できるページがありますので、僕自身が実際に募金の仕方をお見せしたいと思います」と実演を始めた。

ヒカキンは『Yahoo! ネット募金』に寄付する過程を順を追って丁寧に説明、同時にスマホの画面も表示されている。まずクレジットカードから寄付することにしたヒカキンは「クレジットだと100円から上限が100万円までありますね。じゃあ100万円にチェックを入れて『寄付の手続き』へ」と着々と手続きを進めて、「あ、できた!」「はぁ、めちゃくちゃ簡単だ」と感心してから、TポイントやSoftbankの『かざして募金』から寄付する手順も実演してみせた。

ヒカキンは「僕一人が100万円募金するよりも、今見てくださっている皆さんの100円の方が、ずっとずっとパワーを持っています」「仮に今この動画を見てくださっている100万人の方が100円ずつ募金したと考えると、それでもう1億円になります!」「こういうときはみんなで一丸となって助け合って協力しましょう」と視聴者に募金への協力とSNSでの動画拡散を呼びかけた。

視聴者からは「グッと込み上げるものがあった。HIKAKIN、ありがとうな!」「影響力の正しい使い方やね」「自分も微力ながら協力します」「じゃあ100万円で、が名言としか思えない」などの声が寄せられている。11日14時現在、視聴回数は約200万回、寄付金はヒカキンが寄付した時点で約8,000万円だったが、2億6千万円を突破した。なお、この動画には「この動画は収益化しておりません」と説明書きが表示されているので、付け加えておく。



画像は『HikakinTV 2018年7月9日公開 YouTube「【拡散希望】ヒカキンと一緒に西日本豪雨の被災地に募金しませんか?」』のサムネイル
(TechinsightJapan編集部 高沢みはる)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング