【エンタがビタミン♪】山田優&木南晴夏 『シティ・オブ・エンジェルズ』オフショットに反響「デュエットなんてワクワク」

TechinsightJapan / 2018年7月23日 18時0分

写真

山田孝之・柿澤勇人主演によるサスペンス・コメディ・ミュージカル『シティ・オブ・エンジェルズ』の公式SNSが7月20日、「怒涛の歌稽古終了!」とツイートした。その際にキャストの山田優と木南晴夏が笑顔で手を振るオフショットを公開してフォロワーの関心を集めている。

本作は1940年代のハリウッドを舞台に、ハードボイルドのシナリオを書く脚本家がシナリオの世界と現実に起こる出来事に混乱して起きる事件を描いたものだ。

脚本家スタイン役を柿澤勇人が務め、シナリオの世界のキャラクターはL.A.の私立探偵ストーンを山田孝之、社交界にデビューするマロリー・キングズリーを渡辺麻友、謎の大富豪夫人アローラ・キングズリーを瀬奈じゅん、ストーンと警官時代の同僚でライバルのムニョス警部補を勝矢、プロデューサーのアーウィン・S・アーヴィングを佐藤二朗が演じる。

そんななか山田優はストーンの元恋人で歌手のボビーストーン役、木南晴夏はストーンの秘書ウーリー役を務めており、『シティ・オブ・エンジェルズ【公式】(musical_COA)ツイッター』でその2人が歌稽古を終えたところを投稿した。

それとともに「実はお2人のデュエットなんかもあります! お楽しみに!!!【制作】」と明かしたところ、「お二人のデュエットなんてワクワク そして歌稽古迎えた皆さんがめちゃくちゃ難しいって仰っていてドキドキ 晴夏ちゃん初ミュージカル頑張ってください」と反響があった。

山田優に関しては「優さんやってる 見に行きたいな…これ」「私にとって、リアル峰不二子は優ちゃんなんです。セクシーでいたずらっぽいあの眼…」といったコメントも寄せられ、期待の高さがうかがえる。

ミュージカル『シティ・オブ・エンジェルズ』は東京公演が新国立劇場 中劇場で9月1日~17日、静岡公演が静岡市清水文化会館マリナート 大ホールで9月21日・22日、大阪公演が新歌舞伎座で9月27日~30日に上演される予定だ。

画像は『シティ・オブ・エンジェルズ【公式】 2018年7月20日付Twitter「怒涛の歌稽古終了!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング