【エンタがビタミン♪】スカパラ谷中敦『Mステ ウルトラFES』でのスペシャルコラボに「さかなクンも麻衣ちゃんも最高でした」

TechinsightJapan / 2018年9月18日 17時20分

写真

東京スカパラダイスオーケストラが9月17日、およそ10時間にわたり生放送された『MUSIC STATION ウルトラFES』(テレビ朝日系)で後半の第2部に登場、さかなクンや白石麻衣(乃木坂46)とコラボした。テレビCMではそれぞれと共演しているが、3組によるトリプルコラボは今回が初めてだ。

パフォーマンス前にタモリとひな壇トークする際には着物姿で現れた白石麻衣。テレビCMを撮影した時以来の和太鼓演奏とあって「この日のためにまた練習してきました」という。子どもの時に地元のお祭りで太鼓を叩いたので馴染みはあると話しており、落ち着いて見えた。

さかなクンと言えば、中学校時代に「水槽学」と勘違いして部活見学に行き吹奏楽部に入ったエピソードで知られる。最初はトロンボーンを担当したが「勢い余って先の部分が飛んで行っちゃう」と苦労を明かし「スズキ先生ぎょめんなさい」と頭を下げた。トロンボーンを諦めて以降は、自分の声が高いことから逆に音が低い楽器に興味を持ち、バスクラリネット、バスサックスを吹くようになったという。

この日はまず、東京スカパラダイスオーケストラの23枚目シングル『銀河と迷路』(2003年)をさかなクンがバスサックスで加わり披露した。

続けてキリン『氷結』のCMでおなじみ『Paradise Has NO BORDER』(2017年)をコラボするなか、途中で「それではここで、スペシャルゲスト! 白石麻衣~!」と呼びこまれ、さらしに羽織姿となった白石がひな壇から走って登場する。

彼女は「よっ!」「はっ!」「よーーーっ!」と元気な掛け声とともにリズミカルなバチさばきを見せ、トリプルコラボが無事に成功すると「やったー! イエー!!」と声をあげて喜んだ。

スカパラで主にバリトンサックスを担当する谷中敦は、ステージを終えてSNSで「さかなクンも麻衣ちゃんも最高でした。そして、スカパラメンバーは超忙しい中でみんな格好良く決めてくれて俺は本気で嬉しいです」とツイートしている。

番組ではテロップにて「最初で最後のスペシャルコラボ」との趣旨が流れたが、機会があればまた実現して欲しいステージだった。

画像は『tokyoska 2018年9月17日付Twitter「皆さん、超スペシャルコラボご覧になっていただけましたでしょうか!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング