【エンタがビタミン♪】ジミー大西「吉本を辞める」決意か? ナイナイ岡村がラジオ番組で明かす

TechinsightJapan / 2019年2月15日 15時27分

写真

お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史(48)が、ラジオ番組で事務所の先輩であるジミー大西(55)が「吉本を辞める」と言っていることを明かした。人伝に聞いてはいたが先日、本人に会う機会があって確認したところ、本気で芸人を辞めて違う仕事がしたいという。

14日深夜放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)によると、「ジミーさんが吉本辞めるらしいで」「風俗店やるらしいわ」と聞いたのは東野幸治からで、これに岡村隆史は大変驚いたという。

この話の後、ジミー大西と仕事が一緒になったので「吉本辞めるってホンマですか?」と尋ねた。すると「せやねん」とあっさり認め、風俗店を経営しながら芸人を続けるのは「吉本に迷惑かかるかもわからんから」と明かしたそうだ。岡村は「いや、ちょっと待ってください」「風俗は、行くだけにしてください」と引き止めたものの、「やりたいねん」の一点張りだったという。

そもそもジミーが風俗店を経営したい一番の理由は、“面接がやりたい”からとのこと。岡村は「いや…タダでとか、そういうことでしょ?」と問いただしてみたが、「ホンマにそれはちゃうねん、面接やりたいねん」と言い張っていたらしい。

振り返ってみるとジミーが画家として活動している間は、芸能活動をあまり行わなくても所属事務所はそれを認めていた。だが突然、2016年以降から絵を描くことを辞めてタレント活動を再開した経緯がある。絵を描かなくなったきっかけは、焼き鳥屋のバイトの時給を見たことからだという。「俺が描いてる時給の何倍もお金もらえてる。何のために絵を描いてんねや!」と怒りがこみ上げ、筆を折ったことを岡村は本人から聞いていた。「パッと思いつきで、ジミーさんも動いてしまうところがある」という彼をよく知っており、今回の「吉本辞めて、風俗店の経営者になる」との決意は、直接本人と話した様子からも本気だと感じたようだ。

ジミー大西が風俗店をオープンさせた暁には、自分が独身であれば「一度はね、行ってみたい」と岡村は話す。だが、吉本から匙を投げられていたジミーを運転手として雇い、人気お笑いタレントに育て上げた明石家さんまはどう思っているのかが気掛かりなようである。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング