【海外発!Breaking News】轢き逃げで10歳少年に重傷を負わせた男、判決の甘さに世間から怒りの声(英)

TechinsightJapan / 2019年3月9日 10時30分

写真

万引きを幇助し車で逃走していた男が、10歳少年を轢き逃げした。重傷を負った少年を放置し現場から逃走した男はその後逮捕され、このほど実刑判決が下された。しかし、逮捕時に開き直りの言葉を発した男の態度や裁判での甘い判決には非難の声が相次いでいる。『BBC News』『North Wales Live』などが伝えた。

英フリントシャー州ブロートンに住むキーガン・ドイル(23歳)は1月6日、ソルトニーの自宅近くで遊んでいたアルフィー・ワッツ君(10歳)を車で撥ね、瀕死の重傷を負わせた。

アルフィー君はこの日、近くの公園で友人とサッカーをしていたが、自宅に戻る途中で公園に上着を忘れたことに気付き、自転車に乗って取りに向かった。この時、ガールフレンドのハンナ・ニコルソンの車で万引き犯の逃走に加担し運転中だったキーガンが、道路を横切ろうとしたアルフィー君を撥ねた。キーガンは時速48km制限の道路を時速97kmで走っていた。

車に体当たりされたアルフィー君の体は宙を舞い、地面に激しく叩きつけられ、頭蓋骨骨折と脳に深刻な怪我をした。瀕死の状態になったアルフィー君を放置したまま、キーガンは車のスピードを落とさずに逃走、しかも証拠隠滅を狙ってガソリンで火をつけたラグを車内に放り込み、車を燃やした。

当時、事故直後に偶然現場を通りかかった近隣住民のエイミー・フェルナンデスさんは、次のように話している。

「ドスンという音が聞こえました。アルフィー君は頭部に酷い怪我をしていて、口から出血していました。一目見て瀕死の状態だとわかりました。」

通報を受けて急行した救急隊員らは、アルフィー君の怪我があまりにも深刻であることからエア・アンビュランス(緊急ヘリ)での搬送は命がもたないだろうと判断し、救急車でリバプールにあるオルダー・ヘイ子供病院へ搬送した。

一方で逃走したキーガンは、燃やした車の中に写真と名前入りのIDが入った財布を残していたことから、間もなく逮捕された。

3月5日にモールド刑事法院で行われた裁判では、アルフィー君の母親ゾーイ・グランディーさんの悲痛な心情が綴られた文書が読み上げられた。ゾーイさんはアルフィー君の友人から事故のことをきいて、慌てて事故現場に駆けつけたそうだ。

「現場は救急車や警察の車のライトで溢れていました。早く息子を連れて帰って夕飯を食べさせなきゃと思ったのですが、とんでもない事態が起こったのだと悟りました。息子の手を握り『ママがそばにいるから』と伝えたのですが、息子は瀕死の状態でした。病院に搬送されすぐに手術室へ運ばれた息子に、キスをしてあげることもできませんでした。手術後は、昏睡状態に陥っている息子のベッドに寄り添って『どうか目を覚まして』と祈り続けました。」

キーガンには前科がなく、キーガンの弁護人は「依頼人は、今はある程度の実刑を覚悟していて、事故を起こし被害者に怪我をさせた責任を受け止めている」と述べていた。しかし勾留されると態度が豹変し、警察の前で開き直った態度を見せ、「自転車に乗った子供にぶつかった以外は、何も悪いことをしていない」と言い放ったという。

ニクラス・パリー判事は、「被告は道路を横切った被害者をブレーキを踏みこむこともなく撥ね、被害者は地面に激しく投げ落とされた。全くもって臆病で身勝手な行為により、被告は被害者の人生を取り返しがつかないほど狂わせた」とキーガンを厳しく糾弾した。

危険な運転と放火の罪を認めたキーガンには、3年8か月の実刑判決と出所後は4年10か月の運転禁止が命じられた。再び運転を望めば再試験を受けなければならないという。なお、事件に関係しているとされた28歳の女も逮捕されており、こちらは3月22日に出廷予定とのことだ。また判事は、結果的にアルフィー君の命を救うきっかけとなったエイミーさんの事故直後の対応に対して感謝を表し、500ポンド(約73,000円)を授与した。

事故から2か月あまり経ち、幸いにも一命を取り留めたアルフィー君はようやく退院の予定が立ったようだ。しかし今後も治療のために病院通いは続く。捜査を担当した警察官は、「死んでもおかしくないほどの怪我だったアルフィー君のことを思わずにはいられず、今回の判決で実刑が下されたことは良かったと思っている。我々はこのような犯罪者を決して容赦せず、全力を尽くして捜査に当たる」と話している。

アルフィー君の家族は、「事故以来、本当に辛い数か月を過ごしてきました。そんな私たちを支え、アルフィーが助かることを祈ってくれたみなさんの温かい愛と親切には感謝の言葉もありません。また、事故当時に迅速な救助をしてくれた救急隊のみなさんや、今でもベストな治療をしてくれている病院スタッフの方々も本当にありがとうございます」と感謝の気持ちを口にした。

アルフィー君の命が救われて何よりだが、やはりこれだけの事故を犯しておきながらキーガンへのあまりにも短すぎる判決に世間は不満を隠せないようだ。このニュースを知った人からは、「子供を轢いただけって…この男、アホか」「実刑3年!? 冗談だろ」「たったそれだけの判決なんて、2年もしないうちに出所になるじゃないか!」「20年か30年の実刑受けても当然の犯罪でしょ」「判決が寛大過ぎるにもほどがある」「判事は何を考えてるのよ!」「こんな奴、社会のゴミでしかない。刑務所でたっぷりいじめられればいい」「死刑にして」「一生免許取り消し、無期懲役。これぐらいしなきゃダメだろう!」「またしても英国には法の正義などないということが証明されたな」といった声があがっている。

画像は『Mirror 2019年3月5日付「Hit-and-run coward who left boy fighting for life said ‘I’ve done nothing wrong’」(Image: Â(C) Andrew Price / View Finder Pi)(Image: Daily Post Wales)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング