【エンタがビタミン♪】梅宮アンナ、梅宮辰夫の娘として覚悟 「いざという時パニックにならない為に」心のトレーニングも

TechinsightJapan / 2019年3月7日 15時0分

写真

タレントの梅宮アンナが、7日のインスタグラムで父・梅宮辰夫とのツーショットを公開。「後々の事も視野に入れながら日々を送る私」と娘としての覚悟を示している。

7日の『Anna Umemiya annaumemiya Instagram』に「これは、1月24日に撮った写真」と病室で撮ったと思われるマスク姿の父娘ショットが投稿された。そこには「大変だけど、何事も明るく」「必ずどんな時も写真に残して」と言葉が添えられ、父・梅宮辰夫との日々を大切に過ごしていることを明かした。

また同日の『梅宮アンナ オフィシャルブログ「anna style」』では、父・辰夫は1974年からがんと闘ってきたことを告白している。その時すでに肺に転移していたが、抗がん剤や放射線治療で最悪の事態は免れたそうだ。以後は定期的に検査を行い、特に胃カメラと大腸検査は欠かさず、小さな腫瘍が見つかればその都度処置する生活が30年間続いた。だが2016年に胃がん、十二指腸乳頭部がんが見つかり、初めての外科手術を受ける。そして昨年9月に前立腺がん、今年1月に尿管がんの手術を受けたという。

2016年の11時間にも及ぶ手術の時は「もしかしたら最期かもしれない」との思いで、手術室に向かう父親を見送ったという梅宮アンナ。梅宮辰夫は80歳になってからも2度の手術を受け、人工透析が必要になった。その父親を誇りに思い、寄り添いながらも「いざと言う時、パニックにならない為に」「何事も悲観的にならずに」いられるよう、現在は「心の在り方を日々トレーニングする様にしています」とのことだ。

一方で母親は昨年に膠原病を患い、一人娘も原因不明の体調不良により療養している。このような状況の梅宮アンナに「大変だと思いますが頑張ってください。ももちゃんもパパさんも早く良くなりますように!!」「アンナちゃん、応援しています」「アンナさんも体調壊さないようにお気をつけください」「沢山の愛に包まれながら育ってきたアンナさんだからこそ、沢山の愛でご家族をサポートして差し上げて下さい」と、インスタグラムには多数の激励の声が届いている。

画像は『Anna Umemiya 2019年3月7日付Instagram「これは、1月24日に撮った写真です。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング