【エンタがビタミン♪】指原莉乃がAKB48『ジワるDAYS』初披露、卒業ソングにファン感慨「うるうるしたよ」

TechinsightJapan / 2019年3月13日 12時31分

写真

AKB48が3月12日に生放送されたNHK総合『うたコン』で『恋するフォーチュンクッキー』と新曲『ジワるDAYS』(3月13日発売)を披露した。どちらも指原莉乃のセンター曲であり、特にAKB48の55枚目シングル『ジワるDAYS』は彼女にとって卒業シングルとなる。

今回は「あれから40年!!きみまろ歌のフルコース」と題して綾小路きみまろが登場、名調子で『恋するフォーチュンクッキー』を紹介すると、AKB48メンバーがおなじみの歌と踊りをパフォーマンスした。

さらに客席へ飛び出してサービスすると、再びステージに戻ってからは伍代夏子や氷川きよし、山内惠介、杜このみ、辰巳ゆうと、徳永ゆうきといった共演者たちも加わって『恋チュン』ダンスを踊って盛り上がり、まるで『紅白歌合戦』のような華やかさである。

指原莉乃の卒業ソング『ジワるDAYS』は今回が初披露で、彼女がセンターで歌い始めるとその表情からこれまでの活躍が思い浮かぶようだ。

両サイドは小栗有以(AKB48チーム8/チームA)と岡田奈々(AKB48/STU48キャプテン)、指原の後ろを柏木由紀(AKB48/NGT48)と松井珠理奈(SKE48)が固めるフォーメーションからスタートする。

ポップなメロディーではあるが、なにしろ指原莉乃の卒業ソングだけに視聴したファンからは「テレビ見ててうるうるしたよ 卒コン最高の日にしようね! お疲れ様」、「莉乃ちゃん…ジワるDAYS本当に素晴らしかった でも莉乃ちゃんの歌ってる姿を見てたら、なんか涙が溢れ出た」といったコメントが寄せられている。

AKB48が『ジワるDAYS』のパフォーマンスを終えて司会の谷原章介から「AKBとして最後のNHKホール 指原さんいかがでした?」と聞かれると、彼女は「最高でした!」と答えた。

4月28日に横浜スタジアムで指原莉乃卒業コンサートが行われるが、それまで「最後の…」という場面を迎えるたびに迫る「卒業」を実感することになりそうだ。



(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング