【エンタがビタミン♪】中居正広の特番告知に飛び交う『ナカイの窓』復活望む声 「中居さんにとっても最高の番組だった」

TechinsightJapan / 2019年9月1日 19時50分

写真

日本テレビ系特番『中居正広の悲報館』の9月22日の放送に向けて、公式Twitterでは「ちょっと笑える不幸話【悲報】」を募集中だ。その公式から8月6日に特番の出演者を「山里亮太(南海キャンディーズ)、ノブ(千鳥)」と発表、さらに29日にはネットニュースで「『ナカイの窓』のチームが再集結して制作される」と報じたことから、ファンのテンションが上がっているようだ。

実は『中居正広の悲報館』を担当する日本テレビ情報・制作局バラエティセンター演出家でチーフディレクターの黒川高氏は、『ナカイの窓』の企画・演出を手がけた人物だ。さらに『ナカイの窓』の週替わりで担当するゲストMCとして最多出演を誇る山里亮太が出演することで、役者が揃ってきたと言える。

このたびの特番は、投稿による世間の「ちょっと笑える不幸話【悲報】」をもとにしたバラエティ番組というが、黒川高氏と中居正広×山里亮太×千鳥ノブによる相乗効果でどのような展開になるのかオンエアが待たれる。

『中居正広の悲報館』公式Twitterには「山ちゃん久しぶり~ノブさんも新鮮w 今からワクワク楽しみです レギュラー番組になりますように」、「山ちゃん結婚の時、ナカイの窓が無かったのをたくさんの人が残念がっていたので、とてもうれしいです!」、「ナカイの窓チーム再び!! 楽しみにしてますよー」などの反響が寄せられている。

他にもツイートで、「水曜の夜は #ナカイの窓 の中居くんに会いたい まずは…特番で復活して欲しいな。#ナカイの窓復活希望」、「#ナカイの窓 #悲報館 めっちゃ楽しみ どさくさに紛れてナカイの窓レギュラーとして復活しちゃえ~」や「中居さんの番組をかなり見てきましたが、本当に窓は、ファンにとってもきっと! 中居さんにとっても、最高の番組だったと思うんです! サブMCさん、そしてココロジストの先生方の存在が、物凄く心地良かったのです…」、「演者さんもスタッフさんも みなさん本当に楽しんでいた番組だと思います ぼくもまだまだ観たい」といった声が目立つのは新特番の影響だろう。

まずは『中居正広の悲報館』の全国放送、レギュラー化とファンの期待に応えてから、さらに『ナカイの窓』の復活と願いたい。

画像は『中居正広の【悲報】館 2019年8月6日付Twitter「悲報館の出演者が決まりました!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング