【エンタがビタミン♪】仲里依紗「メイド服を着れる」興奮に先輩・戸田恵子「私も似合っている」

TechinsightJapan / 2019年9月20日 10時7分

写真

女優・仲里依紗が現在放送中のCMで、メイド服に身を包んだ家政婦を演じている。公開されているCMメイキング映像で、仲自身も「今回のコマーシャルはメイド服を着れるってことですごく楽しみにしていました」と語っている通り、シックなメイド服を着た仲にネット上では「可愛い!」という声が相次いでいる。

仲里依紗が出演するインターネット総合ショッピングモール「Qoo10」のTVCM。『買杉家 出会い篇』『買杉家 タイムセール篇』に続き、9月7日より放送中の『買杉家 お父様の苦悩篇』では、ネットショッピングが大好きな買杉(かいすぎ)家の主人“お父様”が、「時計は…あのセールか…?」「ママのバッグは…?」と、どのネットセールを利用するか悩みに悩んでいるところに、仲が扮する“家政婦のナカ”が「Qoo10のセールならすべてが衝撃です!」と自分だけが知っている「Qoo10」の存在を暴露。「チェックメイト!」と自慢げに可愛らしい表情を見せる。



このシリーズでは家政婦の先輩役を女優・戸田恵子が演じており、仲と同じメイド服を着用している。2人が並んで受けたインタビューでは、メイド服を着るのを楽しみしていたという仲に対して、戸田は「メイド服は着てすぐにその気になれる服だと思うんですよね」と役への入りやすさを語ってから、「仲さんとても似合っていると思いましたし、私も似合っているなと思いました」と打ち明けてから笑い声をあげた。



2人が働く買杉家は、2年前からネットショッピングにハマっている「お父様」53歳、たまっていくポイントに快感を覚える「お母様」42歳、商品が届く瞬間が何よりも好きな「お嬢様」20歳、両親譲りのショッピング狂の「お坊ちゃま」11歳の4人家族。そこにやってきたのが買杉家の新人家政婦のナカだ。家政婦歴8年のナカは、徹底的な効率主義で曲がったことが大嫌い。自分だけでなく、周囲の行動までも気にかけてしまうため、ときには余計な助言で人を怒らせてしまうこともある。そして勤務時間外はもっぱらネットサーフィンに勤しんでいる。そんなナカを見守る先輩家政婦は、買杉家に勤めて20年、家政婦歴37年の大ベテランだ。買杉家の平穏は、自分の手にかかっていると信じている頼もしい存在だ。



仲は、2008年放送の連続ドラマ『ハチワンダイバー』でもメイド服姿を披露している。こちらはフリルやリボンのついたいわゆる萌え系のメイド服だったが、今回のCMではクラシカルでシックで上品なメイド服だ。ネット上では「仲里依紗ちゃんと戸田恵子さんお二人のメイド姿とてもかわいい」「ああ、可愛い 仲里依紗さん」「可愛すぎる!」「セットも可愛いし、二人のメイド姿が似合ってます」などの感想が寄せられている。





(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング