【エンタがビタミン♪】西田尚美、和久井映見、谷原章介が“仕掛け人” 羽田美智子の誕生日サプライズに「皆さん演技がうますぎ」

TechinsightJapan / 2019年9月26日 11時50分

写真

主演を和久井映見が務め羽田美智子、西田尚美、谷原章介との共演による舞台『不機嫌な女神たちプラス1』(岡田惠和・脚本、田村孝裕・演出)が10月に幕を開ける。それに向けて舞台稽古にも熱が入るなか、9月24日に羽田美智子が誕生日を迎えたことからキャストとスタッフがサプライズでお祝いした。ベテラン陣がタッグを組んで仕掛けたとあり、サプライズは成功したようだ。

羽田美智子が24日にインスタグラムで「ただいま舞台のお稽古真っ最中です! 台風被害のニュースや稽古のことで頭がいっぱいで、誕生日のことなどすっかり忘れてたところ、、サプライズが!!」と振り返った。

西田尚美と言えば、9月20日に最終回を迎えたTBS系金曜ドラマ『凪のお暇』で高橋一生演じる我聞慎二の母親・我聞加奈子役で演技力を見せつけたばかりである。

和久井映見は1980年代からドラマ『愛しあってるかい!』などで活躍してトレンディ女優と呼ばれ、最近ではフジテレビ系月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』で演じた大森渚役が記憶に新しい。

そして谷原章介は、日本テレビ系水曜ドラマ『偽装不倫』で不倫に走る吉沢葉子(仲間由紀恵)の夫・吉沢賢治役での怪演が印象的だった。

羽田によると演出の田村孝裕さんから「ちょっと音楽変えたので、もう一度そこから合わさせてください」と指示があり、再び始めたところで「電気が暗くなり、谷原さんがケーキを持って登場」「皆さん、演技がうますぎですっかりやられました!!」という。

羽田美智子は1988年、短大生の時に日本旅行のキャンペーンガールに選ばれたのがきかっけで、映画のオーディションを受けて女優となった。土曜ワイド劇場『おかしな刑事』シリーズの主演をはじめ、『警視庁捜査一課9係・特捜9』シリーズ、主演映画『人でなしの恋』、『大統領のクリスマスツリー』など数々の作品に出演している。

その羽田美智子をまんまとサプライズに引っ掛けたのだから、羽田もチームの結束力を改めて実感したようである。「とっても素敵な舞台になりそうです」「今はまだ、台詞の山に四苦八苦してますが、なんと言っても、この素敵なメンバー 毎日最高の時間を過ごさせていただいています。もし良かったら舞台、見にいらしてくださいね!」と呼びかけた。

ちなみにフォロワーからは「令和初のお誕生日おめでとうございます! ステキな稽古現場ですね これからのお仕事も楽しみにしてます」といった祝福をはじめ「素敵なお仲間ですね」、「サプライズだなんて、も~息がぴったりって事ですね 舞台楽しみにしています」などのコメントが寄せられている。

画像2枚目は『羽田美智子 2019年9月24日付Instagram「ただいま舞台のお稽古真っ最中です!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング