【エンタがビタミン♪】AKB48小栗有以が“まりこ様”篠田麻里子にまさかの遭遇 「上手く挨拶できず」

TechinsightJapan / 2019年9月30日 14時10分

写真

AKB48(チーム8/チームA)の小栗有以が、初期メンバーの篠田麻里子と初対面を果たした。エレベーターで偶然会った2人がそれぞれSNSに心境を投稿して反響を呼んでいる。篠田が9月27日に「エレベーターで可愛い子がいると思ったら小栗有以ちゃんだった はじめましてしました」とツイートしたところ、小栗がそれに応じて状況をつぶやいた。

篠田麻里子は2005年にAKB48第1期オーディションを受けて落選したものの、声がかかってAKB48劇場内カフェでスタッフ“カフェっ娘”として勤めていた。2006年にAKB48人気メンバー投票で“カフェっ娘”ながら1位となり、秋元康からメンバーに抜擢される。彼女が「1.5期生」と言われるのはそのためだ。

2013年7月22日に行われたAKB48劇場公演をもって篠田麻里子がグループを卒業。その翌年に小栗有以が「AKB48 Team 8 全国一斉オーディション」で東京都代表として合格する。

2016年にはAKB48の46枚目シングル『ハイテンション』(11月16日発売)でシングル表題曲に初選抜入りを果たし、グループ活動以外では『LOVE berry』の専属モデルや『LARME』のレギュラーモデルを務める活躍ぶりだ。

さらにテレビドラマ『マジムリ学園』(2018年7月期)で主演、舞台版『マジムリ学園』(2018年10月)では岡田奈々とW主演するなど、AKB48の中心メンバーへと成長した。



「エレベーターに乗った時に…篠田麻里子さんにすぐに気づき…驚き過ぎて上手く挨拶が出来なかったのですが…お声をお掛けしたら優しく接してくださり嬉しかったです!」と明かす小栗有以。

「何より私の事を知ってくださってて嬉しかったです ありがとうございました!」というが、篠田もドラマ『マジすか学園』(2010年)で最強武闘派集団ラッパッパのナンバー2・サド役を務めただけに注目していたのだろう、すぐに分かったようだ。

小栗のツイートには、フォロワーから「そりゃ、ゆいゆいのことは知ってるっしょ♪ 愛すべき後輩だもん てか去年のウチのガヤで共演してると思ってた 初めましてだったんだね」、「そっかー麻里子様とゆいゆいはAKB在籍被ってないのか~もうそんなにたつんやね」、「何たる偶然! 世代を超えた人気メン同士が会えて良かった」などの反響が寄せられている。

画像2、3枚目は『小栗有以 2019年8月22日付Instagram「「サステナブル」のMVが解禁されました!」』『篠田麻里子 2019年9月12日付Instagram「「プレバト!!」」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング