【エンタがビタミン♪】高橋英樹、突然のブログ休止 娘・真麻が「誤解を招くことを世の中に発信されるのは困る」

TechinsightJapan / 2020年7月2日 13時46分

写真

俳優の高橋英樹(76)が7月1日夜、オフィシャルブログを「暫くお休みさせて頂きます」と突然発表した。同じ日の朝に更新された記事には「昨夜は色々考えさせられることがあり、大変勉強になりました」、「一つの事柄がひとり、ひとりにとって捉え方が、右と左に異なることを教えられました」とあり、疲れた表情の高橋の写真が掲載されている。一体何があったのだろうか。

鍵を握ると思われるのが、7月1日15時過ぎに更新された娘・高橋真麻(38)のオフィシャルブログ『マーサ!マーサ!タカハシマーサ!』である。「あちゃー」と題したブログは「両親が勝手にblogを書いたことで、“ベビー同伴で仕事復帰”とネットニュースになってしまいました」から始まる。

事の発端は6月30日に更新した高橋英樹のブログに、真麻が近々仕事に復帰することと「真麻の仕事の時だけベビーちゃんは出社するかもしれません」と書かれていたことである。「奥さん子育て中、子育て卒業のスタッフがみんなで頑張り、真麻のサポートを少しでもできればと楽しみにしているようです」とも明かしており、一部のネットニュースが「真麻の仕事場にも(子供を)連れて行くもよう」「スタッフが代わる代わるママ代わりになる予定」として、高橋真麻は生後2か月になったばかりの娘を連れて現場に復帰するらしいと伝えた。するとそのネットニュースのコメント欄に、「スタッフが大変なんだからやめなさい。世の中のお母さんたちは保育園に入れないとか、止むに止まれず職場に…という選択なんです」「ばっかじゃなかろうか。コロナをうつしたらどうしようと、周りが気が気じゃないわ」「子供同伴するならリモートで仕事すれば?」「お金がないわけではないし、コロナも怖い時期だから、ベビーシッターでも雇って家にいた方が無難だと思います」と批判の声が続出してしまったのだ。

だが高橋真麻は自身のブログで「間もなく少しずつ仕事を再開します」と仕事復帰は認めたうえで、「ベビー同伴ではありません」と現場に娘は連れて行かないと明言。そして“主人と2人で交互に育児をしながらの仕事復帰”、“大人がたくさんいるオフィスに連れていく気なんて全くありません”と説明し、「両親が誤解をしていただけなら話せば解決するのですが、さらにそこからblogに書いて誤解を招くことを、世の中に発信されるのはちょっと困りものですな」とやんわりと抗議をしている。この内容に「お父様プログ暫くお休みされるのは、記事が原因でしょうか」「真麻さん、お父様の事を決して責めないであげて下さい」「ご両親は本当に真麻さんやお孫さんの事大切に思っていらっしゃいます」と、高橋英樹の心情を思い遣る声がコメント欄に寄せられている。

画像2枚目は『高橋英樹 2020年7月1日付オフィシャルブログ「様々なこと」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング