【エンタがビタミン♪】キンコン西野、降板騒動で憔悴した相方・梶原に「はよおもろなって、50歳で爪痕を残すからな」

TechinsightJapan / 2020年7月7日 15時21分

写真

お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太が、レギュラー出演していた上沼恵美子の冠番組『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)、及び隔週レギュラーを務めていたラジオ番組『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)を6月いっぱいで降板したことから、関西お笑い界の重鎮である上沼のパワハラ騒動に発展した。7月5日、YouTubeチャンネル「毎週キングコング」にアップされた動画では、キングコングの西野亮廣が梶原雄太に「死にかけてるみたいやな」とその件を切り出した。

上沼恵美子と言えば『M-1グランプリ2018』で審査員を務めた際、決勝大会後に後輩芸人2人がSNSのライブ配信で名前こそ出さなかったが「自分目線の、自分の感情だけで審査しないで」、「更年期障害」などと暗に上沼を批判して炎上した。芸人2人が謝罪したことで、上沼自身は「お酒を飲んでくだを巻くことなんてよくあること…頑張って日本一の漫才師になってほしい」と寛大な対応を見せたが、それでも2人の炎上はしばらく収まらなかった。上沼恵美子はそれほど芸能界で影響力を持つ存在なのである。

YouTubeチャンネル「毎週キングコング」で配信した動画『西野…助けて下さい…』の冒頭にて、西野亮廣が憔悴しきった様子の梶原雄太に「死にかけてるみたい」と声をかけたところ、「いろいろありまして、すみませんホントに」と梶原。「死にたくはない」と願いつつ「これ以上は言えない。いろいろな人を傷つけるので」と詳しくは言及しなかった。

この件に関して梶原は西野に「頼むから手紙は書かないで」と頭を下げて訴えており、それが今後の明暗を分けると判断したようだ。

5月4日、雨上がり決死隊の宮迫博之がYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」に人気YouTuber・ヒカルをゲストに迎えて生配信を行った。昨年の闇営業問題以降テレビで姿を見せなかった宮迫が、ヒカルと一緒にCM出演したことからお祝いをかねての配信である。

そこでヒカルの提案により、YouTuber・カジサックとして活躍するキンコン梶原に電話することになった。電話出演した梶原は、宮迫とYouTuberとしてのコラボを希望していたが、その後に自身のチャンネルで「やっぱり、まず宮迫さんと絡むのは蛍原さんではないのかな」と発言したことにより炎上した。

その炎上騒動を受けてキンコン西野が5月9日、YouTubeチャンネル「西野亮廣エンタメ研究所ラジオ【公式】」にアップした動画『【感動】キンコン西野が梶原に贈った手紙「20年間ありがとう」』で梶原に向けて、「思っとけ、思う分には誰も何も言いません。『雨上がり決死隊』の生き方を決めるのは『雨上がり決死隊』です…」といった長い手紙を読み上げた。

今回の上沼恵美子の冠番組を降板した騒動について、西野からそのような手紙を読み上げられては取り返しがつかないことになるかもしれない。梶原はそう直感して「頼むから手紙は書かないで」と相方に土下座したのだろう。

動画『西野…助けて下さい…』では、その件とは別に興味深いやり取りが見られた。西野がリアクションにキレがない梶原を「おもろなってよ、はよ。あと10年かかんのかい」と叱咤する場面があり、その流れから「50歳で爪痕を残すコンビやからな」と話したところ、梶原も「50歳に何とか間に合いたいな」と応じたのである。

西野亮廣と梶原雄太は吉本総合芸能学院(NSC)大阪校・22期生で、1999年にキングコングを結成した。西野は7月7日に『西野亮廣オフィシャルブログ』を「漫才コンビ『キングコング』が良い関係を築けている理由について」とのタイトルで更新すると、お笑いコンビにとって「良好な人間関係を築く」ことが重要だと説いており、キングコングもずっと良好な関係にあったわけではないと明かした。

だが梶原が、YouTuber・カジサックとして個人で活動するようになった頃から関係が良くなったそうだ。それは西野が「絵本」、梶原が「カジサック」の活動を通して自信を持ったことで、お笑いコンビ・キングコングとして相手に求めることが減ったことが大きいという。

1980年生まれの2人は現在、西野が40歳で梶原が39歳。コンビとして良好な関係を保てるようになった今、「50歳で爪痕を残すコンビ」に向かってどのような活動をするのか楽しみだ。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング