【海外発!Breaking News】2歳男児 ソファで跳ねている最中にブラインドのひもに首が絡まり死亡(英)

TechinsightJapan / 2020年10月15日 4時45分

写真

ブラインドのそばに置かれていたソファの上で跳ねて遊んでいた2歳児が、ブラインドのひもを首に絡ませて死亡するという事故が今年4月にイギリスで起こった。大人が目を離したわずか5~10分間に起きた悲劇的な事故を『Cornwall Live』などが報じている。

英コーンウォール南東部にあるルー(Looe)に住むローレン・グリムショーさん(Lauren Grimshaw、26)は4月7日、2歳だった息子コビー君(Cobie)を不慮の事故で亡くした。コビー君の死因審問が今月、コーンウォールのトゥルーロでリモートで行われ、事故当日の様子や死因が明らかにされた。

事故があった4月4日、ローレンさんとパートナーのトムさんは朝7時頃にコビー君に起こされた。コビー君はローレンさんの連れ子だが、トムさんを実の父親のように慕っており、その日は3人揃って居間のソファでまったりと過ごした。

3人が昼食を済ませた午後12時半頃、ローレンさんの母テリーさん(Terri)がコビー君にアートセットのプレゼントを持ってやって来た。コビー君はテリーさんを見ると嬉しそうにハグをし、かなり興奮していたという。

その後、ローレンさんはお茶をいれようとお湯を沸かし、キッチンでは大人3人が話をしていた。しかしこのお湯が沸くまでのわずか5~10分間に悲劇が起きた。

ローレンさんは当時のことをこう振り返っている。

「お湯が沸いて火を止めると、居間がやけに静かなことに気付いたのです。『コビーは居間でテレビでも見ているのかしら』と思って様子を見に行くと、窓のそばに置いてあるソファの後ろに真っ直ぐ立っているのが見えました。」

「不思議に思って近付いてみると、コビーの首にはブラインドのひもが絡まり首が吊られた状態になっていたのです。私は慌ててコビーを持ち上げて紐を外し、大声で母とトムを呼びました。母はすぐにコビーをソファに寝せて心肺蘇生を施し、私は救急車を呼んで、近所の家の戸を叩き助けを求めました。」

このローレンさんのヒステリックな叫びを聞き、いち早くコビー君のもとに駆けつけたのが近所のスティーブン・ハンフリーズさん(Steven Humphries)だった。救急隊の訓練を何年にもわたり行ってきたというスティーブンさんは、救急隊とヘリコプターが到着するまでの約15~20分、口対口で人工呼吸を行った。スティーブンさんは「一度は脈が戻ったと思う」と話しているが、コビー君はヘリコプターでプリマスのデリフォード病院に運ばれ、その後ブリストルの小児病院へと転院した。

コビー君は入院後、何度か軽い心臓発作を起こしており、ローレンさんは4月6日に医師から「脳が腫れており、長くはもたないかもしれない」と告げられ、その翌日に息を引き取った。

ローレンさんは「コビーはブラインドがある窓のそばのソファの上で、跳ねて遊ぶことが好きでした。ブラインドのひもはビーズでできており、宙ぶらりんの状態でした」と明かしており、コーンウォールのチーフ検死官であるアンドリュー・コックス氏(Andrew Cox)は、審問の最後に「コビー君はブラインドのひもが首に絡まって窒息を起こし、低酸素性虚血性脳症に至り死亡した。これは悲劇的な事故である」と締めくくった。



消費者庁によると、ブラインドのひもなどが子供の首に絡まると気道閉塞による窒息や酸素欠乏による神経障害が起こり、15秒以内に気絶し、2~3分で死亡する可能性があるという。

なお米国消費者製品安全委員会は、「窓のブラインドやカーテンのひもによる米国内の12歳以下の子供の死亡事故は、2014年から2019年に46件発生している」と公表している。1年平均で8件弱の死亡事故が起きていることになり、ひもを高い場所でまとめたり、ひものない製品を選ぶこと、また近くにソファやベッドを置かないなどの対策をとることを勧めている。

画像は『Mirror 2020年10月13日付「‘Loving’ boy, 2, tragically died after accidentally hanging himself on blind cord」(Image: Lauren Grimshaw / SWNS.COM)』『United States CONSUMER PRODUCT SAFETY COMMISSION 「Window Covering Cords Information Center」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング