【エンタがビタミン♪】阿佐ヶ谷姉妹の渡辺江里子、憧れの伊東四朗を前に号泣 前日にはエステでシワ伸ばしスミレ色の下着で準備万端も

TechinsightJapan / 2020年10月22日 10時45分

写真

お笑いコンビ・阿佐ヶ谷姉妹の渡辺江里子(48)が、憧れの伊東四朗(83)とラジオ番組で共演した際の思いをブログに綴っている。今年2月にある番組のドッキリ企画で初対面を果たしているが、じっくり話をするのは今回が初めて。夢のような時間はあっという間に過ぎ、最後に伊東のトークライブの告知をした際、コーナーが終わってしまうと渡辺はオイオイ泣き出してしまったのだ。

阿佐ヶ谷姉妹が月曜パートナーを務めるラジオ番組『大竹まこと ゴールデンラジオ!』(文化放送)で、19日放送回のメインディッシュ(ゲスト)は伊東四朗だった。伊東と大竹まこと(71)は今から30年以上前に人気クイズ番組『ザ・チャンス!』で共演しており、その頃のエピソードや最近の若手芸人に対して思うことなどトークの内容は盛りだくさんであった。

20日の阿佐ヶ谷姉妹のオフィシャルブログ『姉妹だより』によると、渡辺江里子は伊東がゲストに来る同番組をいかに楽しみにしていたのかが分かる。大好きな伊東のため、本番2日前には近所のエステサロンで首や顔のシワを伸ばしてもらい、前日には「タフマン、じゃなくてコラーゲンドリンク」を飲んで女っぷりに磨きをかけた。そして下着はいつもの地味な色ではなく“スミレ色”のものを身に付け、朝イチで伊東が好物だという“粒あん”のどら焼きを局入りする前に買い込み、いざ本番に臨んだのだ。そしてこのどら焼きを手渡すと、伊東は「♪ちゃ~ん ちゃ~か ちゃ~んちゃん にきにきにんにんに~ん」と極上アカペラのBGMつきで受け取ってくれたとのこと。「ああ、なんて洒脱な方!!」と渡辺はクラクラしたようだ。



それでも番組ではゲストに伊東が登場してからウキウキした様子は見られたものの、大竹のツッコミにもいつも通り朗らかに渡辺は返していた。しかしコーナー開始から20分ほどが経過し、最後に11月10日から始まる『伊東四朗トークライブ「あたシ・シストリー」』の告知をする段階で、担当する渡辺の声のトーンがおかしくなる。途中で「日本を代表する喜劇人…ズズズ」と鼻をすすったり、「進行は水谷…ああぁ」と涙声になりながらも何とか読み上げる彼女に、大竹や相方の木村美穂(46)は「何で今頃泣いてるんだ?」と不思議そうだ。渡辺があまりにも泣いているので伊東が「大丈夫?」声をかけると、「終わってしまうと思って…すみません、お時間がきてしまいました、うぁぁ」とさらに号泣。「化粧がボロボロだよ」と大竹は若干、引き気味になっていた。ブログにはその「ボロ泣きでメイクも全部取れたシケ面ヤバ顔の私」と伊東とのツーショットが投稿されている。



ブログのコメント欄には「泣いてましたねー! ガォーって感じで」「誰かに逢って、こんなに胸が熱くなるなんて、なんて素敵なんでしょう! 泣いても喜んでも、鼻水を例え垂らそうが、とにかくお相手も嬉しいもんですよ」「お姉さま可愛すぎですよ。伊東四朗さんの前では乙女になってしまうお姉さまがステキです」「幸せな時間でしたね。うらやましい。頑張ってるといい事ありますね!」とこのラジオを聴いていた方は、憧れの人の前で少女のように涙を流す渡辺を微笑ましく感じたようだ。

画像は『阿佐ヶ谷姉妹 2020年10月20日付オフィシャルブログ「胸が震える日 姉」』『文化放送 大竹まこと ゴールデンラジオ! 2020年10月19日付Twitter「AM1134/FM91.6 文化放送大竹まことゴールデンラジオ 今日もお聞きいただきありがとうございました。」「AM1134/FM91.6 文化放送 大竹まことゴールデンラジオ! 今日はメイクに気合の入ってる江里子さんです。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング