【海外発!Breaking News】早朝に火災発生も「テレビ番組が見たかった」8歳男児が早起きしたおかげで一家は無事避難(英)

TechinsightJapan / 2020年10月30日 6時45分

写真

イギリスのある民家で早朝から火災が発生した。この日、普段は朝が弱く布団からなかなか出てこない8歳の男児がたまたま早起きして火災に気付き母親に伝えたため、一家全員が無事に避難できたという。『Daily Star』『Metro』などが伝えている。

英ウィルトシャー州スウィンドン在住のジェンソン・ブラウン君(Jenson Brown、8)は、起こされてもなかなか布団から出てこないほど朝に弱い子だ。しかしジェンソン君のおかげで、一家全員が火災から無事に避難することができたという。

火災が発生したのは今月13日、ジェンソン君は朝6時からのテレビ番組を見るためにこの日は珍しく早起きしてテレビのある下の階に向かった。しかしテレビの画面が壊れており、それを伝えに上の階で寝ている母親のエイミーさん(Amy、33)のところに行った。

するとジェンソン君に「何か変だよ」と言われたエイミーさんが下の階に降りてみると、キッチンのドアから煙が上がってくるのが見えたという。そこで火災に気付き、急いで子供たちを抱えて家から出た。さらに飼っていたウサギ“ナーラ(Naala)”を助けようと再び家に戻ったが、火はあっという間に燃え広がり見つけ出すことができなかった。しかし消防隊が到着し、ナーラは無事に救出された。



のちに火災は、回転式の乾燥機が発火したことが原因だと明らかになったが、エイミーさんは「家にあった物は全てダメになってしまいました。保険会社にも何も直せるものはないと言われ、全てを失ってしまいました」と語っている。自宅は全焼してしまったが、奇跡的にケガ人はいなかった。



自宅を失ってしまい大きなショックを受けるエイミーさんのために、友人のミーシャ・ジョフさん(Misha Joof)がエイミーさんに内緒でオンラインにより寄付金を募った。10月29日現在で、1300ポンド(約17万5000円)以上の寄付が集まっており、これを知ったエイミーさんは「助けが必要な時に喜んで手を差し伸べてくれる人がたくさんいることを知り、本当に心が温まりました」と多くの人の善意に驚いたという。

さらにエイミーさんは「ジェンソンが奇跡的に5時に起きていたことは、今でもジョークにして笑っているわ。もしジェンソンがいつも通りベッドで寝ていたら事態は大きく違っていたことでしょう。これからは意地でもジェンソンを起こすようにしようと思っています」と話している。

画像は『Daily Star 2020年10月26日付「Heroic boy, eight, saves mum, sister and pet rabbit from fire which destroyed home」(Image: Amy Brown / SWNS.com)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング