【海外発!Breaking News】背後に迫るヒグマにスキー客、冷静な行動により間一髪で無事(ルーマニア)<動画あり>

TechinsightJapan / 2021年2月6日 4時0分

写真

ルーマニアのリゾート施設で男性がスキーを楽しんでいたところ、背後から突然ヒグマが現れ、男性を追いかけ始めた。ヒグマとの距離が縮まっていくなか、男性は非常に冷静な行動で無事にヒグマから逃げ切ったという。その一部始終を目撃者がカメラに捉えていた。『ABC News』『UPI.com』などが伝えている。

ルーマニアの第二の都市ブラショフ(Brasov)にある「プレディール・マウンテン・リゾート(Predeal mountain resort)」にて1月23日、ヒグマがスキー客を追いかける姿が撮影された。

動画はまず、大きなヒグマが全速力で走る様子を捉えている。その前方にはスキーを楽しむ男性の姿があった。

動画を撮影したダニエル・ジェネイさん(Daniel Jenei)はリフトの上からスキー中の男性に警告し、大きな声でヒグマを追い払おうとするがまったく効果はない。ヒグマに気付いた男性は斜面を猛スピードで下り始めるが、全速力で男性を追うクマとの距離は縮まっていく一方だ。

すると男性は背負っていたリュックサックと鍵を地面に置き、驚くほどの冷静な対処でヒグマの注意を自分から逸らすことに成功した。ヒグマの追跡を振り払うだけの時間を稼いだ男性は、無事に逃げ切ったのだ。

一部始終を目撃したダニエルさんは、当時の様子をこのように振り返っている。

「彼のとった行動はクマから離れたい時には最も安全で、非常に素晴らしいものです。」
「彼がリュックサックを降ろしたところ、クマはリュックの方に(注意を惹かれ)向かっていきました。」

このヒグマの出現と男性が追いかけられたという情報が山のふもとに伝わると、その場のスキー客は騒然となったそうだ。ダニエルさんはこう明かしている。

「スキー場のパトロール隊は私たちを止め、斜面のふもとにクマがいると言ったんです。」
「ふもとにいた人たちはみんなスキー板を放り出して、斜面から逃げ出していきました。」

地元警察によればこの日、周辺の複数の場所からクマに関して計3件の緊急通報があったという。

追い払われたヒグマは森の中に逃げ込んだが、ブラショフの地元警察で広報担当を務めるイオン・ザハリアさん(Ion Zaharia)は「我々はこのクマを見つけ出し、安全な場所に移動させることを検討している」として、『ABC News』のインタビューにこのように述べた。

「この(クマに追われた)スキー客のしたことは正しい。」
「クマは彼のリュックサックの中にあった何かに気を取られたのでしょう。」
「今は冬眠しているはずのクマですが、とにかく近年では冬にスキーヤーと対峙するクマが増えています。」

専門家によれば、クマに遭遇した際は走って逃げたり、大声を出すような行動は避けて刺激しないようにすることが重要とのことだ。

ちなみに昨年7月には、メキシコで3人の女性がハイキング中にクマと遭遇するも、冷静な対応によって事なきを得ていた。



画像は『ABC News 2021年1月28日付「Skier in lucky escape after being chased by brown bear down slope」(Courtesy Daniel Jenei)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 YUKKE)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング