【エンタがビタミン♪】『あさイチ』近江友里恵アナ、NHK退職報道に明言避ける 民放各局の情報番組も今春大きく様変わり

TechinsightJapan / 2021年2月10日 15時20分

10日の早朝、朝の情報番組『あさイチ』(NHK総合)のメインキャスターを務める近江友里恵アナが3月末で同局を退職すると報じられた。現在フリーで活躍している有働由美子アナの後任として、2018年4月からお笑いコンビの博多華丸・大吉と共に番組を盛り上げてきた近江アナの退職のニュースには、大きな衝撃を受けた視聴者が多かったようだ。

10日、いつもの時間に放送が始まった『あさイチ』の冒頭、「ちょっと近江さんのニュースが、ネットの方でちらちらと…」と博多大吉が触れた。すると近江友里恵アナは「ええ、ちょっとお騒がせしておりますが改めてまた、お話をさせていただければと思います」とさらりとかわし、NHKを退職するか否かの明言を避けた。しかし近江アナが否定しなかったことから、「あのニュースは本当なんだ」と受け取った人も少なくなかったようだ。

近江アナには『ブラタモリ』4代目アシスタント(2016年4月~2018年3月)時代からのファンも多く、テレビで彼女の姿が見られなくなることを残念がる声が多い。ネット上では、「近江アナあさイチやめちゃうのか~柔らかい雰囲気が好きだったな」「ブラタモリでは、タモリさんとは孫とおじいさんみたいな感じで、2人のやり取りにほっこりした」「飾らない自然体がNHKらしくなくて良かったです。エールに志村けんさんが初登場した時にあさイチであなたが涙ぐんでいたのが忘れられません」「虚栄心と上昇志向の強い女性アナ達の中では稀有な存在」などの声が見受けられた。

近江アナの後任には、「育児休暇を終える鈴木奈穂子アナを起用」と伝えられている。ところで同時間帯の民放情報番組もこの春、番組をリニューアルしたり、MC陣の交代などで大きく変化する。まず22年続いた『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)が終了し、俳優・谷原章介をメインMCに迎えた『めざまし8(エイト)』がスタートする。『グッとラック!』(TBS系)は開始から1年半で終了、後継番組は生活情報を中心に扱う『ラヴィット!』に変わり、MCは川島明(麒麟)が務める。また『スッキリ』(日本テレビ系)はメインMCの加藤浩次(極楽とんぼ)はそのままだが、サブMCの近藤春菜(ハリセンボン)が番組を卒業、進行役の水卜麻美アナは春の改編で『ZIP!』への移動が決定した。またお笑い芸人が多かった各局のコメンテーターも、どんな顔ぶれになるのか楽しみである。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング