1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

【海外発!Breaking News】幼稚園入園から毎年10年以上、娘の初登校日の写真を撮り続けた母親(英)

TechinsightJapan / 2021年9月9日 21時50分

写真

3~4歳からの10年と言えば、子供が幼稚園や保育園に入園し小学生から中学生となる成長著しい時期だ。イギリスに住むある母親は、娘の初登校日の写真を毎年撮り続けて10年以上になるという。『The Mirror』『The Sun』などが伝えている。

英サリー州レッドヒル在住のダグニ・バーネットさん(Dagny Barnett、53)は、娘のクロエさん(Chloë、14)が幼稚園に入園した時から10年以上も毎年、初登校日の写真を撮り続けてきた。

ルールは「横向き加減、笑顔であること、学校の制服を着ていること」の3つで、自宅前の同じ場所で撮影してきた。

今回はその貴重な写真を紹介したい。

最初の写真は、クロエさんが幼稚園への初登園の日。髪は三つ編みで初々しく、学校のバッグがやけに大きく見える。



次は幼稚園から日本の小学校5年生(Year6)までにあたる写真を並べたもので、あどけなくぽっちゃり顔だったクロエさんが少しずつ少女へと変化する様子がうかがえる。三つ編みからボブへと髪型が変わった小学校2年生(Year3)からは毎年髪型が変わり、最後の年はずいぶんとしっかりとした印象だ。



さらに中等教育学校(Year7~11)に進んだクロエさんは、制服が変わり今までとは雰囲気もガラリと変わっている。日本の中学2年生(Year9)になると化粧をしてぐっと大人っぽくなり、母ダグニさんにもよく似た雰囲気になっている。



実はダグニさんは子供に恵まれず、約7年間の不妊治療の末に39歳でクロエさんを授かっており、1枚1枚の写真からは大切な娘への愛が伝わってくる。

ダグニさんは「娘はこれらの写真が大好きなんですよ。あの子が14歳になって、私は『足を前に出して』とか『足をちゃんとして』などと声を張り上げるストレスからは解放されましたが、古い写真を見ると幼い頃の学校での様々な思い出が蘇ってくるんです。毎年の変化をこうして見ることができるのは素敵なことですね」と感慨深そうに語っている。

なおイングランドやウェールズでは9月1日に新学期が始まったばかりで、クロエさんの次の写真はあと1年はお預けだ。ただクロエさんが大学進学を考えているのであれば、ダグニさんによる写真撮影もあと3回ほどになるのだろうか。どんな写真になるのか、ダグニさんは今から楽しみにしているに違いない。

ちなみに昨年には中国で約40年間、同じ場所で写真を撮り続けている中国の父娘が話題となった。写真は娘が1歳だった1980年から2019年までのもので、家族の成長記録は多くの人に感動を与えた。

画像は『The Sun 2021年9月7日付「OH SNAP Proud mum takes identical pictures of her daughter on her first day of school over 10 years」(Credit: SWNS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング