1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

【エンタがビタミン♪】中村勘九郎、鶴瓶とタモリとの「カーテンコールが忘れられない」 長男・勘太郎には「堂々と踊って欲しい」

TechinsightJapan / 2021年9月24日 19時17分

写真

歌舞伎役者の中村勘九郎と中村七之助が24日、オンラインで実施されたTBS開局70周年記念『赤坂大歌舞伎』製作発表会見に出席した。父である十八代目・中村勘三郎の「芸能の街・赤坂で歌舞伎を!」という一言から2008年にスタートした『赤坂大歌舞伎』は、誰にでも親しみやすい演目でファンの裾野を広げてきたが、11月に4年ぶりの上演が決定した。今回の演目の1つは笑福亭鶴瓶とタモリが深く関わっている作品だという。

オンラインでの会見は初体験という中村勘九郎は「あ、こういう風になってるんですね」と言いながら弟の中村七之助と会見場に現れた。この直前に2人は氷川神社に参拝したが、前回4年前の赤坂大歌舞伎の際にも参拝したそうで、勘九郎は「氷川神社さんにお参りさせていただくと、いよいよ始まるなと。今年はコロナということもあってしっかり感染対策をして万全の状況でお客さんに楽しんでいただくように、みんなで気を引き締めないといけない」と心境を語り、七之助は「山車を見させていただいたのですが、残念ながら今年もお祭りが中止になってしまったので、微力ながらこの街を盛り上げられたらなと思っています」と抱負を述べた。



上演される演目は『廓噺山名屋浦里(さとのうわさ やまなや うらざと)』『越後獅子(えちごじし)』『宵赤坂俄廓景色(よいのあかさかにわかのさとげしき)』の3作。そのなかの『廓噺山名屋浦里』は笑福亭鶴瓶とタモリによって生まれた作品という。

笑福亭鶴瓶の落語を日本橋に聞きに行ったという勘九郎。「落語を聞きに行くとその情景が見えてくるものですが、始まって2分ぐらいで歌舞伎座の大道具が見えてきたんですよ」と当時を思い起こした勘九郎は「これはもう絶対に歌舞伎にしたい」と熱望。「浦里というキャラクターが七之助にぴったりだし、兄弟でこれを演りたい」という思いを胸に、終演後に楽屋で「歌舞伎化させていただけませんか?」と直談判したところ快諾してもらったという。「1年も経たないうちに歌舞伎化した作品ですね」と2016年の初演への経緯を振り返った。



その初演のときの思い出は千秋楽のカーテンコールだったそうで、ちょうど観に来ていた鶴瓶とタモリも舞台にあがったそうだ。というのも、この『廓噺山名屋浦里』のもととなった鶴瓶の落語ができたのはタモリの提案によるものだという。勘九郎は「『ブラタモリ』で(タモリが)吉原を歩いていたら(この話を)聞いたんですって。『いいとも』の楽屋で鶴瓶さんに『こんな話があるから落語にしたらどうだ?』ってタモリさんがおっしゃって、それが落語になって歌舞伎化した作品」とタモリの関わりを明かした。

勘九郎は「普段歌舞伎にはカーテンコールはないんですけど、お客様の拍手が鳴り止まないので挨拶して、ちょうど鶴瓶さんとタモリさんが観に来られていたので、2人が歌舞伎座の舞台にあがってくださって一緒になってご挨拶したのが忘れられないですね」と感慨深そうに語ると、七之助も「ちょっと忘れられないですね」としみじみ口にした。「今回も必ず観に来てくれるということなので嬉しく思っています」と互いに楽しみにしているようだ。

また『越後獅子』では勘九郎の長男・中村勘太郎が出演するが、勘九郎は「父が遺してくれたもの、その空間に出て欲しい。子どもの頃に出て大人になってどのぐらい覚えているか分からないですけど、出たという記憶や劇場の空気を味わうのと味わないのは全然違うので、父が遺してくれた赤坂大歌舞伎に出してあげたいなと思っていた」と胸のうちを明かした。「ありがたいですね。10歳で一人で踊るのはなかなかできないことなので、本人も絶賛稽古中です」と勘太郎も意欲的に取り組んでいるとのこと。勘九郎は「私が初めて踊ったのが9歳かな。8月の納涼歌舞伎の第2回目のときに『越後獅子』を踊らさせていただいて、歌舞伎座という広い舞台ですけど、とても楽しかったのを覚えているので、堂々と踊って欲しいなと思いますね」と父親の顔も垣間見せた。

会場のTBS赤坂ACTシアターはこの公演をもって改修工事に入るが、「赤坂」のタイトルが入っている『宵赤坂俄廓景色』について七之助は「(いったん)赤坂ACTがフィナーレなので、今までの恩返しじゃないですけど、華やかに大団円という舞台や踊りにしたいと思います」と思いを込めた。同作には勘九郎の次男・中村長三郎も出演する。



赤坂の人々について「町ぐるみで応援してくださる」という勘九郎。七之助も赤坂では普段歌舞伎を観ない若者からも「面白かった」とよく声をかけられるそうで「銀座を歩いていてもあまりないですよ」と印象を語った。その『赤坂大歌舞伎』は2021年11月11日から11月26日までTBS赤坂ACTシアター(東京港区)で開催される。
(TechinsightJapan編集部 取材・文:関原りあん)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング