1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

【海外発!Breaking News】左目から石の涙を流す15歳少女、医師は「説明がつかない」(印)<動画あり>

TechinsightJapan / 2021年9月26日 21時50分

写真

インドから“左目から石の涙を流す少女”というにわかには信じがたい話題が飛び込んできた。少女が実際に目から石を排出する様子は動画に収められているが、医師は「説明がつかない。こんな話はあり得ない」と述べており物議を醸している。『Hindi News』『The Daily Star』などが伝えた。

『Hindi News』によると、印ウッタル・プラデーシュ州カナウジに住む15歳のチャンドニーさん(Chandni)が最初の石の涙を流したのは7月17日のことで、話を聞いた家族は耳を疑ったという。

しかしチャンドニーさんはその後、左目から多い日には一日に10~15個の小さな石の涙を流すようになり、約2か月で70個が排出されたそうだ。

チャンドニーさんが実際に左目から小石の涙を流す様子は動画に捉えられており、ある女性がチャンドニーさんの瞼を引き上げると、左目の眼がしらから薄茶色の小さな石がポロリと落ちるのが見て取れる。チャンドニーさんは痛みからか涙を流しているが、どこかに石を隠していた様子はない。

この不思議な現象について、チャンドニーさんは「小石が出てくるのは朝6時頃から夜ベッドに入るまでの間で、睡眠中は起こらない」と話しているそうで、家族は地元のいくつかの病院に連れて行ったものの、医師には「こんな病気はない。医学的に説明がつかない」と信じてもらえなかったという。

なお6人きょうだいの4番目であるチャンドニーさんは、石の涙を流すようになってから学校に行くのをやめてしまったそうで、貧しい家族は「腕のいい医者に娘を診てもらい、病気を治して欲しい」と訴えている。

ちなみにこのニュースには「これはあり得ない。注目を浴びたくてやっているだけでは?」「あらかじめ目に小石のようなものを入れていたとか?」「これが本当なら恐ろしい」「科学的に説明がつかないことは多々あるからね。少女のことを怖がらないであげて欲しい」「インドならあり得る話なのかも」といったコメントがあがっている。

実は2014年にも目から小石が出てくるイエメンの12歳の少女が話題となっており、村人たちは「悪魔がとりついた」「恐ろしい疫病が流行る前兆だ」などと噂したという。



画像は『The Daily Star 2021年9月24日付「Doctors baffled as girl cries stone tears, shedding 15 rocks per day」(Image: Jam Press Vid/Rare Shot News)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング