1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

【エンタがビタミン♪】太田光、米倉涼子にまさかの暴言も返しに感心「気さくでいいね」

TechinsightJapan / 2021年12月1日 19時6分

写真

テレビ業界は年末年始の特番収録が目白押しの時期である。爆笑問題の太田光は最近、BSの特番で加藤茶と2012年11月に亡くなった女優・森光子さんについて語り合ったそうである。なぜか彼女に可愛がられたという爆笑問題と、ザ・ドリフターズの番組では彼ら以上に笑いをとりに行ってくれたという森さんの思い出話は尽きなかったようだ。

11月30日深夜放送の『JUNK 爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)によると、1969年から16年の長きにわたり毎週土曜夜に放送された公開コント番組『8時だョ!全員集合』にも、番宣でたくさんの女優が出演していたと加藤茶が話してくれたという。だが加藤は「自分の宣伝で出てきてんのに、聞くと何も言わねぇんだよ」「だったら出てくんじゃねぇよ」と、当時を思い出したのかキレ気味だったらしい。太田光は「やっぱり、ドリフの時代からいるんだ」と明かしており、彼もやる気がない女優との絡みに苦労した経験があるのだ。「その点、森光子さんは凄かった」とどんなコントにも全力で取り組んでくれた彼女に感謝していたという。女優が出演するバラエティ番組の現場は、芸人にとっては気苦労が絶えないことが多いのだろう。

そんな太田は先日、女優の米倉涼子と雑誌の企画で対談し「ノリがよくてさ」と言うから楽しかったようである。現場で彼女に会った瞬間「パーン」とピストルで打つ真似をすると、「あぁ~」と弾が当たったフリをしてくれたそうだ。この日の米倉は早朝から『ドクターX~外科医・大門未知子~』の番宣で大忙しだったので、「ちょっと待ってくださいよ。私は今日、朝の5時起きで一日中やってクタクタなんですよ!」と言いながら、疲れも見せずにちゃんと太田の悪ふざけに乗ってくれたのだ。さらに米倉といえば、9月24日終了した『ぴったんこカン・カン』の司会を務めていたTBSアナウンサーの安住紳一郎と共演するたびに噂になっていたことから、太田はとんでもない質問をした。

「安住とヤッたんだろ?」に対して「ヤッてませんよっ!」と即答した米倉に「気さくでいいね」と太田は好感を持ったようだ。ちなみに米倉の他に、菅野美穂も芸人顔負けの返しをしてくれると田中裕二が話していた。

女優がコントではなく、トークバラエティ番組で結果を出すのはなかなか難しいだろう。だが二階堂ふみは朝の大喜利大会と化している『ラヴィット!』(TBS系)に7月に出演し、ドラマの告知だけでなく生番組でクイズや食レポにも挑戦した。何事にも意欲的に取り組み笑顔を絶やさない彼女に、MCの川島明(麒麟)は「ちょっと、全員がファンになりました」と彼女をベタ褒めしていたものだ。ネット上でも「ラヴィット見たけど二階堂ふみちゃんってすごく面白い子なんだね。そのまんまがすごく好印象」「明るくてコメントも上手くてバラエティ番組の対応も満点じゃないですか!」「二階堂ふみさんが可愛すぎてすっかりファンになってる」と、大変評判が良かった。たとえ番宣の出演でも頑張っている姿に視聴者は好感を持ち、ドラマを見てみたいと思わせるのかもしれない。

画像2枚目は『米倉涼子 2021年11月26日付Instagram「みなさんおはようございます!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください