【イタすぎるセレブ達】レイ・ジェイ、キムとのHビデオで得た印税の一部を結婚祝い金に?<動画あり>

TechinsightJapan / 2014年5月20日 20時30分

写真

キムのセックステープのお相手、結婚祝いを用意? (画像はYouTubeのスクリーンショット)

キム・カーダシアンを有名セレブにした、あのセックステープ。そのお相手レイ・ジェイが、「キムとその婚約者カニエ・ウェストのために“テープ販売で得た収入の一部”をウェディングギフトとして用意した」という報道が浮上した。

昨年、レイ・ジェイは『I Hit It First』なる楽曲をリリース。MVにはキム・カーダシアンにソックリの美女を起用し、以下のような歌詞でファンを仰天させていた。

「ベイビーはウェストに行っちまった。でも彼女がどこに行こうが、彼女は俺のベッドにいるのが似合っている。」
「俺のところに戻ってくるなら、もう一本映画を作ろうぜ。」

そんな未練タップリのレイ・ジェイが、キムとカニエ・ウェストの結婚祝いに“ある仰天ギフト”を用意したらしい。米メディアによると、レイ・ジェイは4万7000ドル(約477万円)分の小切手を2人のために用意。これはキムとのセックステープから生じるここ4か月分の印税に相当する金額だというが、レイ・ジェイは「俺に関する記事の全てを信じたりしないでくれ #嘘」とツイートしたものの具体的な報道内容には触れていない。

ちなみに芸能情報の真偽を検証するサイト『Gossip Cop』では、その信ぴょう性を10段階中5と評価。これが事実である可能性も高いが、キムとカニエの反応については明らかになっていない。なお発売から7年が経過するこのセックステープの売上げは、すでに50億円以上だという。



(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

テックインサイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング