【エンタがビタミン♪】サザエさんの『恋チュンダンス』にサプライズゲスト。波平と海平のミニドラマも登場。<動画あり>

TechinsightJapan / 2014年5月21日 14時50分

写真

伊佐坂先生(横内正)と談笑するサザエさん。(画像はYouTubeのスクリーンショット)

『恋するフォーチュンクッキー』の振り付け動画は町おこしにも一役買って、まだまだ広がりを見せている。そんな中でついに長谷川町子美術館公認による『サザエさん』バージョンも登場した。漫画『サザエさん』のキャラクターによるミニドラマから東京・世田谷と福岡市がつながって『恋チュン』ダンスを踊るのだが、“ご近所さん”として著名人もサプライズ登場する豪華なものとなった。

『サザエさん』の生みの親である漫画家・長谷川町子さんは幼少時から高校2年生まで福岡市で育った。上京して女学校時代から田河水泡に師事して漫画家としてデビューする。太平洋戦争中の1944年に福岡市百道に疎開して46年に地方紙「夕刊フクニチ」に掲載された新聞4コマ漫画『サザエさん』が評判となる。その後、東京に戻って世田谷区桜新町1丁目の自宅で暮らす。

その東京都世田谷区桜新町1丁目にある長谷川町子美術館が公認して、このたび『恋するフォーチュンクッキー サザエさんの街でツナガロウ! 世田谷区桜新町&福岡市西新 Ver. / AKB48[公式]』の動画が公開された。

サザエさんが東京の自宅の縁側で、お隣の伊佐坂先生(福岡出身の俳優・横内正)と世間話をしていると福岡に住む海平おじさんから電話がかかった。磯野海平はサザエさんの父親・磯野波平の双子の兄だ。

そんなつながりから東京・世田谷の桜新町駅と福岡の西新駅がつながって、『恋チュンダンス』が始まる。福岡の百道浜でサザエさんと海平おじさんが踊り出すと、福岡と東京で様々な人々がダンスを披露する。

東京では「サザエさん公園」、「サザエさん通り&桜新町商店街青年部」、「長谷川町子美術館」、「サザエさんカフェ」、「桜新町ナース隊」等々、地域の人々が続々と登場。

桜新町の“ご近所在住”ということから、お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太やサッカースクールFOOTでは元サッカー選手の北澤豪、漫画家でタレントのやくみつるも出演している。日本体育大学では体操部の皆さんとともにロサンゼルス五輪・体操金メダリストの具志堅幸司さんまで登場するという豪華さだ。

福岡では「西新商店街連合会」、「西新商店街リヤカー部隊」、「蜂楽饅頭」、「修猷館高校・吹奏楽部」、「福岡 ヤフオク!ドームと劇団風の子九州」、「勝鷹水神」、「福岡タワー・エレベーターガール」、「テレビ西日本女子アナ&スタッフ」、「西南学院大学・チアリーダー、アメリカンフットボール部」などがダンスを披露してくれる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
テックインサイト

トピックスRSS

ランキング