【エンタがビタミン♪】ウルトラの母の水着姿に反響。“シャレトンシュワ”CMが「女性から見ても色っぽい」

TechinsightJapan / 2014年7月7日 21時10分

写真

史上最大のモデル“ウルトラの母”やウルトラシリーズの怪獣たちが登場するテレビCMが反響を呼んでいる。九州の商業施設「アミュプラザ博多」と「アミュプラザ鹿児島」のCMなのでエリアでしか放送されていないが、YouTubeで公開されると視聴回数も増え続けており、特に『「母の水着」篇』は2週間で50万回を超える人気だ。最新シリーズではダダやジャミラなどもおしゃれに登場してさらに過熱しそうな勢いである。

九州のファッション発信地・JR博多シティ内の大型商業施設「アミュプラザ博多」が今年の3月に開催したリニューアルキャンペーンに伴い、円谷プロの協力で“ウルトラの母”が史上最大のモデルとしてデビューした。『アミュエスト誕生!CM登場篇』など3本には季節柄、コートでおしゃれしたウルトラの母やバルタン星人、三面怪人・ダダ、ピグモンなども登場して話題となった。

この夏、そのウルトラの母と怪獣たちが「アミュプラザ博多」および「アミュプラザ鹿児島」の夏バーゲンテレビCMに装いも新たに登場した。なにより度肝を抜かれたのが、ウルトラの母が水着姿になったことだ。

ツイッターでも「女性から見てもTVから流れるCMのウルトラの母が色っぽくて…」、「AMUのCMのせいでウルトラ母をいやらしい目でみてしまう」といった感想がつぶやかれているほどセクシーなのである。

さらに、6月20日から公開された『Amu Ultra Bargain 「ジャミラも踊る」篇』では前シリーズのバルタン星人に代わり、ジャミラが登場。ウルトラの母、ダダ、ピグモンらと夏のファッションでキメて軽快に踊る。

こちらにも早速、「ダダとか、私の好きなジャミラも出てるしー」、「バックでうごうご踊ってるオシャレ着姿のジャミラの破壊力、パネェ」、「ジャミラが“ジャミラ”していて変な声出た。気持ちの良い敗北感っ!」などの反響があった。

CMのメインコピーとなる「シャレトンシュワ」とは博多弁の「しゃれとんしゃあ」をウルトラ語に翻訳したもの。「おしゃれだね~!」と称賛するニュアンスの方言だが、福岡の人気タレント・山本華世がテレビ番組で使っていることでも広まったようだ。

ちなみに昨年の3月に、嵐の二宮和也が映画『プラチナデータ』の宣伝で福岡を訪れた際、JR博多駅前広場で大勢のファンにあいさつした。ニノもこの時にお笑い芸人から教わった「しゃれとんしゃあ」を披露してファンを喜ばせている。この夏は、ウルトラの母によってさらに浸透することだろう。



※画像はYouTubeのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング