【エンタがビタミン♪】山崎まさよし、「息子はギターを叩いています」。家族とイクメンぶりについて語る。<インタビュー>

TechinsightJapan / 2014年7月9日 20時30分

写真

シンガーソングライター・山崎まさよしが、“働くママの応援ソング”を制作した。これは、ロングセラー商品として今年で46周年を迎えた『ボンカレー』とコラボして山崎が書き下ろしたもの。8日、都内にて同曲とスペシャルムービーがイベントにてお披露目されると、まさに現在、2児の子育てと仕事の両立に奮闘中のクワバタオハラ・くわばたりえが感極まって号泣。その余韻も冷めやらぬ中、イベント終了後、山崎に自身の家族についてインタビューにて話を聞いた。

この日、イベントには5月末に結婚したばかりの小原正子(クワバタオハラ)も出席した。新婚ならではの幸せオーラを漂わせる小原に対して、相方のくわばたりえはスペシャルムービーと山崎の歌が自身とオーバーラップして思わず号泣。「これ、むっちゃ日常だと思う。家帰ったら洗濯物の山があるとか…。世の中のお母さん、みんな泣くわ!」と熱弁し、「共感して、泣いて、スッキリして、また頑張ろうって思える歌ですよね」と涙ながらに絶賛した。その曲『うたたね ボンカレーVer.』を山崎は最後にギターを弾きながら、ときには優しく、ときには力強く歌い上げた。



イベント後、山崎まさよしにインタビューにて、今回の曲のテーマでもある『家族』について語ってもらった。

──山崎さんはご結婚されていますが、お子さんはいらっしゃるのですか?
山崎:います。3歳の男の子です。

──すると山崎さんも育児をされているのですか?
山崎:まあ、僕はお風呂に入れたりとか手伝う程度ですけどね。たとえば嫁に「歯医者行ってくるから見てて」って言われたときとか。あとは散歩したりね。

──お子さんに歌を歌ってあげることも?
山崎:それもそうですし、(息子は)コンサートに何回も来てますね。楽器に触れる機会も多いので、ギターをいっぱい叩いてますよ(笑)。バンドをやっているとドラムの方に目が行くらしくて。

──昨年アルバム『FLOWERS』をリリースされましたが、家族が増えたことが曲づくりに影響されたそうですね。具体的にはどんなところが変わられたのでしょうか?

山崎:そうですね。“責任”とか“守る”ということを考えるとプレッシャーにはなりますが、根底では“成長”が人生に加算されるというのがあります。ひとりだったときよりも、いろいろな局面に遭遇すると思うし、問題もあるでしょうけど、自分自身の心も成長させてもらえるだろうと。何にせよひとりではないので、仕事をすること、つまり歌を書くことや曲を書くことの励みになります。書く歌もおのずと変わってくる感じがしましたね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
テックインサイト

トピックスRSS

ランキング