【イタすぎるセレブ達・番外編】『glee』女優ベッカ・トビンの恋人、ホテル客室で死去。

TechinsightJapan / 2014年7月12日 11時30分

写真

(ベッカ恋人、遺体で発見される)

『glee/グリー』の人気俳優だったコリー・モンティス(享年31)の死去から1年、今度は同ドラマの人気女優ベッカ・トビン(28)の恋人がホテル客室にて亡くなった。

昨年7月に、コリー・モンティスは母国カナダのホテルにて逝去。あれから1年、今度は『glee/グリー』にて“キティ・ワイルド”を演じているベッカ・トビンの恋人マットさん(Matt Bendik、35)がフィラデルフィアのホテル客室にて遺体で発見された。

ちなみにマットさんはナイトクラブのオーナーで、現地には仕事のために滞在中だったとのこと。ベッカについては「この旅に同行していた」、また「死亡時にはフィラデルフィアにはいなかった」と報道が錯綜している。遺体を発見したのはホテルで働くメイドだったといい、マットさんはベッドにうつぶせの状態だったらしい。芸能情報サイト『TMZ』によると、現時点で警察はこの死を犯罪絡みのものとは考えていないとのこと。自殺を示す証拠もないといい、凶器などが現場にあったとする報道もない。

いくつかの大きなクラブを経営していたマットさんは、パーティに狂うタイプの男性ではなかったもよう。それだけに友人らは驚くと同時に大きなショックを受けているそうだが、誰よりも衝撃を受けたはずのベッカからのコメントはまだ発表されていない。

※画像は、『Instagram becbecbobec』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

テックインサイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング