【エンタがビタミン♪】SKE48・松井玲奈が夏の“アイドルフェス”出場を熱望。「どうしたら参加できるの? 本当に!」

TechinsightJapan / 2014年7月17日 20時45分

写真

SKE48(乃木坂46兼任)の松井玲奈がアイドルの夏フェス『東京アイドルフェスティバル』(TOKYO IDOL FESTIVAL)に出場したくてたまらないようだ。ついにツイッターで「今年のTIFはどうしたら参加できるんでしょうか。本当に!」と訴えた。TIFは年々出演者が増しており5回目となる今年は過去最高の133組が予定されている。それだけに松井玲奈もSKE48あるいは乃木坂46がエントリーされても良いはずだと感じて本音をつぶやいたらしい。

2010年から開催されている日本最大級のアイドルイベント『東京アイドルフェスティバル』(略称、TIF)にはアイドリング!!!をはじめSUPER☆GiRLS、東京女子流、PASSPO☆、でんぱ組.incなど数々の女性アイドルが出場するのが特徴だ。2010年には45組だった出場者も翌年は57組、2012年は111組と年々増えている。当初はアイドルグループの最大勢力でもあるAKB48グループ以外が出場する方針かと思われたが2012年にはSKE48が参加して大いに盛り上がった。

ところが、この時の選抜メンバーは当時のチームSより大矢真那、加藤るみ、木下有希子、須田亜香里、中西優香、松井珠理奈。チームKIIから阿比留李帆、石田安奈、小木曽汐莉、高柳明音、古川愛李、矢方美紀。そしてチームEの小林亜実、柴田阿弥、原望奈美、山下ゆかりの16名で松井玲奈は入っていなかったのだ。

しかも2013年にはHKT48が出場してSKE48は出ていない。今年、2014年は指原莉乃が7月16日に『指原莉乃(345__chan) ツイッター』で「今年もTIFにHKTが出ます!! 楽しみだ~」とつぶやいている。

一方で松井玲奈が翌日、16日に『松井玲奈(renampme) ツイッター』で「今年のTIFはどうしたら参加できるんでしょうか。本当に!」と悔しさをぶつけるようにつぶやいたのが印象的だ。

この夏の『TIF 2014』の出場者は昨年111組からさらに増えて7月16日時点で133組が発表されている。橋本環奈のブレイクで人気上昇中のRev. from DVLや田中れいな率いるLoVendoЯ、アイドリング!!!の姉妹グループ・NEO fromアイドリング!!!も初参戦する。枠が増えている状況で松井玲奈が「どうしたら参加できるんでしょうか。本当に!」と不満を明かす気持ちも分からないではない。

ファンからも「ベイビーレイズちゃんとのコラボをぜひ見たいです!」、「フィナーレで一緒にサークルモッシュしよう!」という反応や「乗っ取りライブ決行! ティッシュ配りも」、「HKTに自主兼任」、「覆面アイドルユニットを黙って結成&乱入で!」などの提案があった。しかし、変わったことが好きだという松井玲奈でもさすがにそこまではやらないだろう。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング