【エンタがビタミン♪】AKB48・北原里英が“小松菜奈”風メイクに挑戦。「かわいい!」と好評。

TechinsightJapan / 2014年7月25日 13時30分

写真

AKB48・北原里英がものまねメイクタレントのざわちんに影響されてか、ツイッターで女優の“小松菜奈”風メイクを施した姿を披露した。一見して北原里英と分からないほどの仕上がりな上に、マスクをしていない点でざわちんとは違ったテクニックともいえそうだ。

話題の映画『渇き。』には、コピーに「愛する娘は、バケモノでした。」とある。その娘、加奈子役を演じたのが小松菜奈だ。何を思ったか、AKB48の北原里英が7月21日に『北原里英(Rie_Kitahara3) ツイッター』で「今日は、渇き。の小松菜奈ちゃん風のメイクにしたよ」と、あのざわちんのものまねメイク張りな1枚を投稿した。

ファンからは「いいよー。かわいい!」、「じょゆ原っぽい!(?)」といったコメントがあり、いつもの北原里英より女優っぽく変身できたようだ。彼女が「ホクロもちゃんと描いたの。どうかしらー?」とこだわりを強調しているだけあって、小松菜奈になかなか似ている。

小松菜奈は映画『渇き。』で脚光を浴びたばかりで、ハッキリとした顔のイメージがわきにくいのかもしれないが、写真を並べて比べるとよく特徴をとらえている。しかも、北原はざわちんと違いマスクをつけずに口元までものまねメイクをしているので、より雰囲気が出せているようだ。

北原里英はバラエティ番組『有吉AKB共和国』(TBS系)に出演した際に、ラジオ番組『レコメン!』で発表された“第2回女性アイドル顔だけ総選挙”で2位となった件に不満を漏らしている。自分が2位に位置するとは思えず、「いろんな人から連絡が来るけど、本当にやめてほしい」と迷惑しているらしい。

だが今回の“小松菜奈”風メイクを見る限り、彼女なりの魅力があると思うのだが。さらにメイクを極めることで、来年は堂々と“アイドル顔だけ総選挙”を狙ってみるのも良さそうだ。

※画像は『twitter.com/Rie_Kitahara3』の他、『小松菜奈 konichan7 Instagram』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング