【エンタがビタミン♪】「コカド、最低!」 坪倉の好きな人を横取り? ツイッターで非難が相次ぐ。

TechinsightJapan / 2014年8月4日 16時30分

写真

お笑いタレントの坪倉由幸(我が家)のファンが、コカドケンタロウ(ロッチ)に対して憤慨している。彼らはお互い30代半ばで所属事務所が同じ、気が合うのかプライベートでも仲が良い。そんな間柄もファンはよく知っているはずだが、一体何があったのだろうか。

坪倉由幸ファンらが怒っているのは、8月3日放送の『さんまのSUPERからくりTV』(TBS系)での出来事である。坪倉が気になっている女性をスタジオに招き告白したところ、その女性との間を取り持つ役目だったコカドケンタロウが横取りする形になってしまったのだ。

その女性は、コカドがよく利用するお洒落な家具店の店員である。引っ越しをした坪倉が、新しい家具の購入を考えていると聞きコカドはその家具店を紹介、店を訪れた坪倉が彼女に一目惚れしたというのだ。年は20代前半、若い頃のタレントのYOUと女優の藤谷美和子をあわせたような可愛らしい女性だ。

坪倉はそれから何度もその店に足を運び、総額70万円もの家具を購入。店員である女性は「たくさん買って頂いて、良いお客様です」とニッコリと微笑む。自分の携帯番号を伝えていた坪倉だったが、彼女からの連絡は来なかったという(後に番号の登録間違いだと判明)。

今回、番組ではその女性をスタジオに招き、坪倉が“食事をする関係からスタートしたい”と交際を申し込んだ。事前に彼女が働く家具店でロケを行い、坪倉に対する女性の思いを探っていたコカドも同席している。だが大人しく2人を見守っているのかと思いきや、思わぬ言葉を口走ったのだ。「僕もチャンス、欲しいなぁ」 なんとコカドも、彼女がタイプだというのだ。

女性は坪倉とコカド、どちらを選ぶのか。スタジオでは「坪倉を選ぶか、どちらも“ごめんなさい”か」というような空気だった。しかし彼女は迷わず、コカドを選ぶ。

驚きの声がスタジオに響き渡り、呆然と立ち尽くす坪倉。女性がコカドを選んだ理由はロケで店を訪れた際、撮影の合間に“大丈夫?”“休憩をとろうか”と気遣ってくれた彼の優しい振る舞いに感激したからだった。一方の坪倉は家具の購入について相談されたとき、彼女はスマートフォンで部屋の画像を見ながらアドバイスしていた。複数の画像の中に、女性が写っているものがあったという。“女のカン”が働いたのかその写真が気になり、坪倉に対する不信感が拭いきれないようだ。坪倉が断られるのは仕方がなかったのかもしれないが、コカドがまるで横取りするような形で番組は終わってしまった。

放送後、ツイッター上には「コカド、最低!」「坪倉かわいそすぎる」というコメントが多数見受けられた。中には「コカドで人間嫌いになったの2人目」というような、深刻な内容のものまである。

司会の明石家さんまは“コカドはモテない”と思い込んでいたようだが、実は男性が思っているより彼は女性に好かれる。今年5月にグラドルとの自宅お泊りデートが報じられたが、コカドは「よく女性芸能人と2人だけで食事に出掛けている」と認めている。彼は洋服やスイーツが好きなので、女性とは女友達のように付き合えるという。第一印象で女性から警戒されないコカドの方が、坪倉より幅広い層から好意を持たれるのかもしれない。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング