【イタすぎるセレブ達・番外編】ロビン・ウィリアムズ、ベルトで首をつり自殺していた。

TechinsightJapan / 2014年8月13日 13時0分

写真

(8月11日に亡くなったロビン)

数々の映画で名演技を披露し、大勢のファンに深く愛された俳優ロビン・ウィリアムズ(享年63)。そのロビンが帰らぬ人となったが、彼はベルトを用いて首をつっていたことが判明した。

自宅にて死亡したロビン・ウィリアムズの最期について、現地時間12日に検視官は“ベルトを用いての首つり”と発表した。さらにロビンの手首には、目に見える切り傷がいくつか残っていたとされている。

発見当初のロビンは衣服を着用した状態だったが、首にはベルトが巻かれ、座った状態で首をつっていたという。ベルトはドアと戸枠に挟み込み固定していたもようだ。今後はロビンの体内に薬物が残っていないかを調べるといい、正式な死因が発表されるのは数週先と見られている。

なお、生前のロビンと最後に会ったのは妻だったもよう。10日の晩、ロビンに会った妻はその後就寝し、翌朝“夫は寝ているのだろう”と思い家を出たそうだ。結局、ロビンの死を発見したのは、ドアをノックしても反応がないことを心配して入室したパーソナルアシスタントであった。名俳優の突然の死に、関係者や俳優・女優たち、そしてファンは激しく動揺している。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング