【エンタがビタミン♪】NMB48・山本彩が『FNS』で見せたコラボに反響。「ギター似合いすぎ」「歌もうめーな」

TechinsightJapan / 2014年8月15日 13時45分

写真

アイドルグループ・NMB48の山本彩が『FNS うたの夏まつり 2014』で岸谷香や加山雄三とコラボした。彼女はエレキギターを弾きながら生歌を披露。いつもNMB48やAKB48で見せるパフォーマンスとは一味違う姿にネットでも反響が起きている。

8月13日に国立代々木体育館から生放送された『FNS うたの夏まつり 2014』では、数々のアーティスト同士によるコラボが行われ、普段とは違ったパフォーマンスが新鮮だった。山本彩はAKB48やNMB48としてだけでなく、ソロアーティストとして岸谷香や加山雄三とコラボした。加山とのコラボではバックにNMB48がついたが、岸谷との『ハッピーマン』では1対1の2人だけのステージだった。

まだNMB48に入る前の中学生時代に、3人組のプロバンド・「MAD CATZ」のメンバーだった山本彩。「スーパー女子中学生バンド」と呼ばれる人気で、彼女はギター&ボーカルを務めていた。それだけに、元プリンセス プリンセスの岸谷香とも違和感なくギターと生歌で渡り合えたのだ。大御所の加山雄三の隣で名曲『お嫁においで』をソロで歌っても臆するところが無かった。

岸谷香はこの日、山本彩の他にmiwa、華原朋美ともコラボしている。彼女は8月14日に『岸谷香オフィシャルブログ「岸谷香談」』で「どのコラボも、みんな、一生懸命に曲覚えて、コード覚えて、しかも、ニコニコやってくれて、とても楽しかった上に、私、やりたい放題に、楽器弾きまくりで。もう、来年度は、武部さんバンドに、入れてもらいたいぐらいだった」と感想を述べており、山本彩もJ-POP界の人気アーティスト2人と同様の評価をしている。

ネットでは『FNS うたの夏まつり 2014』の視聴者が“山本彩 × 加山雄三”の『お嫁においで』を「綺麗な歌声」と感心すれば、『ハッピーマン』でのパフォーマンスを「歌もうめーな。バンドやってると強いね」と評価するなど、彼女に関するつぶやきが多い。

「アルバムでもソロ曲入ってるし、山本彩個人として歌で夢に向かってどんどん頑張って欲しいね!」と彼女について詳しいファンからの感想もあれば、「さや姉って生歌かなりイケちゃうんだね!」、「山本彩、可愛かっこ良かった! 推せる」、「山本彩さんがめっちゃ歌上手くて感動した。ギター似合いすぎ」と新しいファンも増えそうな気配だ。

山本彩は他にもナオト・インティライミ×WaT×48グループのコラボでサッカーW杯でおなじみ『The World is ours!』も歌っている。彼女は生放送後に『山本彩 Google+』で「素晴らしいアーティストの皆さんと共に歌えて、胸が一杯です」と感激しており、「この様な機会を頂けたことを本当に光栄に思いますし、また、課題も見つかりとても貴重な時間を過ごしているんだと実感しました。今日の事は一生忘れません」と伝えている。アーティスト・山本彩として成長につながるひと時だったようだ。

※画像は『山本彩 Google+』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング