【イタすぎるセレブ達】アンジェリーナ・ジョリーの俳優父、フランスでの挙式に招かれず。

TechinsightJapan / 2014年8月29日 15時15分

写真

(ネットで挙式を知ったヴォイト)

長年の恋を成就させ、8月23日にフランスにてブラッド・ピットと結婚したアンジェリーナ・ジョリー。しかし、かつて関係断絶が話題になった父で俳優のジョン・ヴォイトは、挙式に招待されるどころか2人が結婚したことも知らなかったもようだ。

愛する子供たち(実子3人&養子3人)、家族、友人たちに囲まれて、仏シャトー・ミラヴァルにて結婚したブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー。しかしアンジーの父ジョン・ヴォイトの姿はそこにはなく、ヴォイトが2人の結婚を知ったのは挙式から数日後だったという。

ヴォイトはこのほど芸能情報サイト『TMZ』の取材に応じ、「結婚のことを知ったのは28日」「オンラインのニュースで結婚を知った」と明かしたとのこと。しかしそれに不快な感情は抱いていないと強調するヴォイトは、「エミー賞授賞式に出席することが決まっており、いずれにしても式には行けなかった」と述べたという。

しかし2人の挙式にはブラッド側の親族は全員出席。せめて結婚する旨をヴォイトに伝えても良かった気はするが、アンジーはかつて父と長年不仲だった。その理由については“ヴォイトが『妻との離婚でアンジーが精神的な問題を抱えた』と語ったせい”“母を裏切った父をアンジーが批判したため”などと伝えられたが、その後は和解に至り、ヴォイトは嬉しそうに「孫たちも可愛くて…」と語っていた。ちなみにヴォイトはアンジーの両乳房切除についても本人から直接は知らされず、「アンジーが世間に公表した日に知った」と告白している。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング