【エンタがビタミン♪】HKT48・多田愛佳が“さっしーの禁酒”を明かす。「私が二十歳になるまで飲まないみたい」

TechinsightJapan / 2014年8月31日 11時55分

写真

HKT48の多田愛佳がインターネット生番組で、次の『AKB48選抜総選挙』で念願の選抜メンバー入りを目指して様々な企画に挑戦した。その中で、AKB時代から活動を共にしてきた指原莉乃の秘密も暴露。なんと、さっしーは禁酒中というではないか。

今年の『第6回AKB48選抜総選挙』では42位と前回の43位からランクアップ。ネクストガールズ入りを果たした多田愛佳だが、その結果を受けて「今年の目標は選抜だったのですが、順位が落ちることは嫌だったので、1つでも上がることができて嬉しいです」とコメントしていた。

その多田愛佳が28日、インターネット生番組配信サービス・AmebaStudioの『HKT48 多田愛佳のプレミアム放送!』に生出演して、念願の選抜入りを目指して様々な企画にチャレンジした。

まずは、選抜入りを目指すならファンに愛される番組タイトルをつけなければなるまいと、視聴者の意見を聞きながらタイトル候補を出していった。彼女は“多田愛佳のラブストーリー”がお気に入りだったが、最終的に視聴者から最も支持があった“らぶたんマジでやります!”に決定。残念そうにしながらも、「私は皆さんの意見についていきます!」と瞬時に切り替えた。

トークライブアプリ755を使ってユーザーと交流するコーナーでは「二十歳になって一番最初にしたいことは?」という質問に答えて、「HKT48には自分より年上のさっしーがいるけど、私が二十歳になるまでお酒を飲まないと決めているみたい」と指原莉乃の“禁酒”を暴露。今年の12月8日に誕生日を迎えて、らぶたんが二十歳となれば“さっしーの禁酒”も解禁となり、2人でお酒を飲むことを楽しみにしているようだ。

2012年6月16日に指原莉乃がHKT48へ移籍すると、その年の8月24日に多田愛佳のHKT48移籍が発表された。彼女は自らHKT48への移籍を申し出たという。AKB48での経験を活かして“さっしー”と共にHKT48の成長に貢献してきた“らぶたん”。2014年1月11日にチームKIVが発足してそのキャプテンとなった。

この日の放送で、らぶたんが「選抜メンバーに選ばれるためには私は何が必要か?」と視聴者に投げかけたところ「アピール!」と返ってきた。すると、彼女は「HKT48チームKIVのキャプテンになったので、チームのことを一番に考える、どれだけ後輩が人気になるかを考える責任があるので、自分のアピールのことだけ考えるわけにはいかない」とコメント。自身が選抜メンバーとなる願望よりも後輩のことを大切に考える頼もしさを見せた。

実はHKT48のローカル番組で、指原莉乃が「自宅でひとり酒を飲むことが増えた」と悩みを明かしたところ、多田愛佳が「私が二十歳になったらつきあってあげるよ」となぐさめたことがある。2人で飲めるようになればきっと、HKT48の将来について話が尽きないことだろう。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング