【イタすぎるセレブ達】クリステン・スチュワートと夫の不倫に泣いた元妻、「もう怒りの気持ちはない」。

TechinsightJapan / 2014年9月4日 21時25分

写真

(不倫で家庭生活は破たん!)

2012年夏に起こった、女優クリステン・スチュワート(24)と主演映画『スノーホワイト』のルパート・サンダース監督(43)の不倫騒動。監督の妻として2人の子を産んだ女優リバティ・ロス(35)はこれを許せず離婚を申請し、今年に入りそれが成立したばかりだ。幸せな家庭を粉々にされたリバティの今の思いとは…!?

このほどリバティ・ロスはUK版『Harper's BAZAAR』誌のインタビューに応じ、不倫騒動をこう振り返った。

「残念ながら、私たちは何もかも過度に世間に晒される世界に住んでいるの。あのようなこと(不倫スキャンダル騒動)は、辛いし異常なことよ。ゾッとしてしまったわ。」

その間、リバティは子供たちをメディアから守るべく奔走したのだそう。1か月間は隠れて暮らしたものの、学校が始まったことを機に「強い母になるしかなかった」と当時を振り返っている。しかし2年が経過した今は…?

「今までになくハッピーよ。子供たちも元気だし、ルパートも素晴らしいの。みんなムーブオンして、元気にやっているわ。」

ちなみに今は怒りの感情もないというリバティは、「誰しも、許すってことを学ばなければね」「これからもルパートとは家族だし、一緒に子育てに関わっていくのよ」と余裕の発言もしている。2人の離婚はすでに成立済みだが、リバティは当然のことながら多額の預金と複数の不動産を手にしたと報じられた。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング