【エンタがビタミン♪】佐藤かよの制服姿が“カワイイ”と評判。海外から「女神」の称賛も。

TechinsightJapan / 2014年9月8日 13時55分

写真

映画『鬼灯さん家のアネキ』に出演している佐藤かよが、舞台挨拶で着たセーラー服姿をInstagramで公開した。「やばい! 飛びついてしまいそう」と反応があるほどの女子高生ぶりには、海外からも称賛コメントも届いている。

9月6日、東京・新宿武蔵野館にて映画『鬼灯さん家のアネキ』の舞台挨拶に初主演のタレント・谷桃子や前野朋哉、今泉力哉監督とともに佐藤かよが登壇した。

佐藤は『佐藤かよ satokayo1226 Instagram』で「今日は、映画鬼灯さん家のアネキ初日舞台挨拶で制服に変身」とそのセーラー服を着た1枚を投稿。にこりと微笑んだその姿に「めちゃめちゃカワイイです」、「超カワユス~」、「鼻血出た…」などの反響があった。

中には漢字表記で中華圏からと思われる「好可愛」や「女神」といった称賛コメントもあり、佐藤かよの人気は海外でも出ているようだ。

五十嵐藍氏による漫画を映画化した本作『鬼灯さん家のアネキ』は、高校生・鬼灯吾朗(前野)と血の繋がらない姉・ハル(谷)が同棲して起きるエピソードを描いたもの。コミカルでエッチな場面もあるが、佐藤かよの役柄・水野麻衣は吾朗のクラスメイトで友だちが少ないという設定だ。どのように演じてくれるのか注目したい。

※画像は『佐藤かよ satokayo1226 Instagram』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング