【イタすぎるセレブ達】『アバター』俳優サム・ワーシントン、パパラッチ騒動が10億円超をめぐる訴訟に発展。

TechinsightJapan / 2014年9月14日 10時55分

写真

(サム、まさかの大ピンチ!)

今年、パパラッチとトラブルになった挙句に暴力をふるったとして逮捕された人気俳優サム・ワーシントン(38)。そのサムと恋人ララ・ビングル(27)が、パパラッチより超高額訴訟を起こされた。

今年2月のこと、モデルのララ・ビングルを激写しようとパパラッチのSheng Li氏が追跡。それに腹を立てたララ、また恋人サム・ワーシントンが飛びかかり、逮捕されるという出来事があった。その際サムと共に暴行容疑などで逮捕されたLi氏が、サムとララを相手取り超高額訴訟を起こした。

この件で、なんとLi氏は10億円以上もの支払いを求めているとのこと。裁判所に提出された書類には「サムとララとのトラブルにより肩を損傷し顔面に打撲傷を負った」「親指や手首を負傷し、今後手術を受ける可能性もある」などと書かれており、Li氏は「サムとララがニューヨーク市警察に対し偽証した」とも主張しているもようだ。

逮捕時にはいささか動揺し、警官に対して「僕の映画『アバター』を観たことはありますか?」と話しかけたとも言われるサム。結局はこのような訴訟に発展してしまったが、世間からはLi氏の行為を“まるでストーキング”“プライバシーを無視した無粋なもの”と批判する声が多く浮上している。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング